ASUSがMT8192にアップグレードした「Chromebook Flip CM3(CM3200FM1A)」を発表

asus-japan-release-chromebook-flip-cm3-cm3200Chromebook

本日、ASUS JAPANが12インチのコンバーチブルモデル「ASUS Chromebook Flip CM3(CM3200FM1A)」を発表しました。このモデルは昨年5月に日本で発売されている同名モデルのCPUアップデート版で、以前のモデルはMT8183を搭載していましたが、新しいモデルはMT8192(Kompanio 820)を採用しています。

本日(7月1日)より発売され、価格は69,800円となっています。

スポンサーリンク

ただ、お気づきの方もいると思いますが、実はMT8192に切り替わった「Flip CM3」は昨年末頃から64GBストレージモデルをASUS Storeで購入することが可能でした。今回新発売とされたのは、当時MT8192に切り替えたタイミングで発表がなかったことと、128GB eMMCストレージへと増量した影響と思われます。

CPUやそれに伴うネットワーク周りの変更以外では、MT8183を搭載していた「Flip CM3」とほぼ違いはありません。ただ、嬉しいことにUSB-Cポートが2つになっています。

ディスプレイ12インチ
1,366 × 912
グレア
CPUMT8192
RMA4GB LPDDR4X
内部ストレージ128GB eMMC
外部ストレージmicroSD
ポートUSB-C ×2
USB-A ×1
イヤホンジャック
カメラ720p Webカメラ
ネットワークWi-Fi 5
Bluetooth 5.0
バッテリー約15時間
その他日本語配列
USIスタイラスペン対応(別売)
サイズ269.2×215.8×16.8mm
重さ(実測)1.149kg
自動更新ポリシー2029年6月

12インチで3:2のアスペクト比を採用しているため、一般的な11.6インチノートパソコンよりも縦の表示領域がわずかに広いことが特長です。またUSIペンもサポートしていますが別売りとなります。

前モデルに採用されていたMT8183はエントリークラスらしくやや非力な印象でしたが、MT8192はそれよりも改善されていますので、マルチタスキングや重たい作業は厳しいですが、より快適な動作をするようになっています。スペックアップに対してバッテリー駆動時間は15時間と変わらず、重さも1.15kgと持ち運びするデバイスとして良い選択肢になると思います。

詳細についてはASUS公式ストアをご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chromebook
HelenTech