Google ニュース でも配信中!

日本でも「Nothing Phone(1)」が8月に発売。価格は69,800円から

announce-nothing-phone-1-release-japanAndroid

英国のNothing Technologyが、Androidスマートフォンの「Nothing Phone (1)」を発表し、日本でも8月から発売することを発表しました。すでに日本語の公式ページが作られていて、販売価格69,800円からとなる予定です。

スポンサーリンク

「Nothing Phone (1)」は海外でも話題になっていたスマートフォンで、背面が透明な素材かつLEDライトが埋め込まれていることが特長で、デバイスの通知などによってパターンで光らせることのできる「Glyph Interface」が搭載されています。

性能面では5Gをサポートしたミッド~ハイレンジのスマートフォンとなっていて、50MPのデュアル仕様リアカメラやワイヤレス充電(リバース対応)、指紋センサやIP53相当の防水・防塵など機能面も充実しています。NFCにも対応していますがFelica(おサイフケータイ)には非対応となっている点に注意です。

対応バンドについて、日本国内では5Gがn1, n3, n28, n41, n77, n78となっていて、4G-LTEが1, 3, 8,18, 19, 26, 28, 41となっています。3Gは1,6,8,19です。

この他には3年間はAndroidアップデート保証、4年間は2ヶ月に1回のセキュリティパッチ保証などがありますので、長く使うスマートフォンとしても魅力的なモデルとなっています。

主要スペックは以下のとおり。

スペック

OSNothingOS
Android 12
ディスプレイ6.55インチ OLED
2400×1080
~120Hz可変リフレッシュレート
HDR10+, 10bit色深度
CPUSnapdragon 778G+
RAM8GB
12GB
内部ストレージ128GB
256GB
リアカメラ50MP(Sony IMX766)
50MP(Samsung JN1 超広角)
フロントカメラ16MP(Sony IMX471)
ポートUSB-C
ネットワーク5G / 4G
Wi-Fi 6
Bluetooth 5.2
NFC(Felica非対応)
バッテリー4,500mAh
33W急速充電
15W Qiワイヤレス充電
5Wリーバス充電対応
その他指紋センサ
顔認証
IP53 防水・防塵
デュアルSIM
サイズ159.2×75.8×8.3mm
重さ193.5g

組み合わせは、8GBRAM+128GBストレージ、8GBRAM+256GBストレージ、12GBRAM+256GBストレージの3パターンとなります。詳細についてはNothingの公式ページを御覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android
HelenTech