「Pixel Buds Pro」は2つのデバイス間を自動的に切り替えることができます

「Pixel Buds Pro」は2つのデバイス間を自動的に切り替えることができますAndroid

先日、日本国内でも予約購入が開始しているGoogleの完全ワイヤレスイヤホン「Pixel Buds Pro」ですが、このリリースに合わせてGoogleはAndroidの新しい機能の情報を明らかにしました。

この機能とは既存の「Fast Pair」機能に基づいたもので、ペアリング済みのデバイスであればBluetoothの設定を触ることなくペアリングされているデバイス間をシームレスかつ自動的に切り替えることができるというものです。もともと「Pixel Buds Pro」はマルチポイントペアリングに対応しており、同時に2台のデバイスに接続することが可能です。

スポンサーリンク

例として挙げられているのは、Google Pixel Budsを使いタブレットで動画を見ているときにスマートフォンで着信すると自動的にスマートフォンへと接続が切り替わるというものです。これはAppleのAirPodsシリーズが提供している機能と似ているものと言ってよさそうです。

また接続を切り替えるときの優先順位(動画視聴中に着信通知を割り込ませないなど)を変更することができるらしく、細かい挙動や設定は実物を触らないとわかりませんが、これはかなり便利な機能だと思います。この機能は、最初「Google Pixel Buds Pro」のみが対応となっていますが、今後数週間でJBLとソニーのワイヤレスヘッドホンなどでも対応する予定としています。

現時点ではBluetoothマルチポイントを搭載したAndroidスマートフォンとタブレットの間でのみ機能するようですが、今後拡張していくとも伝えています。ChromeOSについての言及はありませんでしたが、Chromebookではすでに「Fast Pair」を使うことができますので機能が追加されても不思議はありません。

AppleのAirPodsやJabraのマルチポイント対応イヤホンのように、Chromebookで動画を見ているときにスマホで着信があれば自動でそっちに切り替わるということができればとても便利なので、Chromebookでの早期対応に期待したいところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google ニュース リンクバナー
Android
HelenTech