Fitbitの新型スマートウォッチ「Sense 2」と「Versa 4」の実機写真がリーク

Fitbitの新型スマートウォッチ「Sense 2」と「Versa 4」の実機写真がリークウェアラブル・周辺機器

3月にもFitbitが新しいスマートウォッチの開発に取り組んでいることが明らかになり、5月初めには「Versa 4」と「Sense 2」と呼ばれることや1枚の写真がリークされています。今回は「Sense 2」と「Versa 4」に関する情報がさらにリークされ、実機写真も複数登場しています。

スポンサーリンク

Fitbit Sense 2

まず「Sense 2」ですが、現行モデルと同じく四隅の角がやや丸みを帯びた正方形となっています。ベゼル部分にはECG(心電図)機能で指を置く場所がありますが、新しいモデルのほうがスッキリとした見た目になっているようです。

また大きな違いとして、側面にあるボタン部分がしっかりと押し込めるようなデザインに変更されています。

背面にはセンサや充電用のピンが配置されており、機能表示ではECG検出、温度センサ、GPS、50m耐水性などが書かれています。

Fitbit Versa 4

続いてVersa4ですが、デザインに関しては前回のリークである程度把握できており、そこから大きな変化はありません。また前述「Sense 2」とほぼ同じようなデザインとなっています。

こちらはECGなどの搭載はなくGoogleアシスタントサポートのためのマイクやGPS、50m耐水性などが備わっていることがわかります。また充電器に関しては、どちらの新モデルでも現行モデルと同じ磁気式充電器を採用している可能性があります。

Fitbitが「Sense2」と「Versa4」をいつリリースするかはわかりませんが、夏から秋頃にリリースされる可能性が高いようで、タイミングを考えると「Pixel Watch」と競合すると思われます。価格なども不明ですが、おそらく現行モデルと大きく変わらないと予想されます。

Source: 9to5Google