セルラー対応のChromebookをWi-Fiホットスポットとして使えるようになるかもしれません

ChromeOS

まだ開発中の機能となりますが、今後のアップデートでモバイルデータ通信対応のChromebookを他のデバイスのWi-Fiホットスポットとして活用できる可能性が報告されました。この機能はAndroidやiOSなどと同じようにChromebookで他のデバイスをテザリングするというシンプルなものです。

スポンサーリンク

将来的にフラグが追加されることになるようですが、このフラグも詳しい説明は書かれておらず、具体的にどのように設定して使えるようになるかはまだわかりません。

とはいえAndroidスマートフォンなどと同じように機能するはずので、ChromeOSの設定アプリからChromebookのホットスポットの名前とパスワードなどを決めることができて、オン・オフを切り替えることができるようなものだと思います。

果たしてこの機能がどれほど需要があるかはわかりませんが、スマートフォンのバッテリーを減らしたくない場合などには役立ちそうな気がします。この開発作業は始まったばかりですので、Chromebookに機能が追加されるのはしばらく先のこととなりそうです。

Source: 9to5Google

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ChromeOS
HelenTech