CES 2023 で発表された Chromebook などはこちら >>

Googleで完全一致検索をしたとき、検索結果のスニペットに単語が必ず含まれるようになりました

google-chrome-browserChrome

Google検索では、検索したい単語をダブルクオーテーション(引用符, “)で囲むと、その単語を含むページだけを検索対象とする完全一致検索をすることができます。

Googleはこの完全一致検索をしたときに、検索結果(スニペット)部分にその単語が含まれている箇所を必ず表示するようになったことを公式ブログで発表しました。これまでは完全一致検索をしたとき、そのページに単語が含まれていたとしてもスニペットに表示されないことがありました。

スポンサーリンク

また完全一致で検索した単語を検索結果で太字で表示させるようになっていますが、これはPCのみでスマホでは太字になりません。

Googleで完全一致検索をしたとき、検索結果のスニペットに単語が必ず含まれるようになりました

また、例えば文章内ではなくmeta descriptionやaltなどタグ内に書かれていても完全一致に該当するため、サイトを訪れたときにその単語が見つからない可能性があるようです。

こういった使い方があることはあまり知られていない気もしますが、今回の変更は検索したい単語が必ず含まれているページかつどこにその単語が表示されているのかを把握したいユーザーには良い変更点だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google ニュース リンクバナー
Chrome
HelenTech