Google ニュース でも配信中!

モトローラも折りたたみ式スマホの新モデル「Razr 2022」を正式発表

motorola-release-razr-3-2022Android

先日、サムスンが折りたたみ式(フォルダブル)スマートフォンの新モデル発表を行いましたが、続けてモトローラからも折りたたみ式の「Motorola Razr 2022 (Razr 3)」が中国市場にて正式発表されました。本来であれば今月初めに発表予定となっていましたが、お国事情などが影響して延期されています。

この「Motorola Razr 2022 (Razr 3)」もフラッグシップモデルとしてリリースされており、QualcommのSnapdragon 8+ Gen 1を搭載したハイエンドスマートフォンとなります。細かいスペックはまだ公開されていませんが、中国公式サイトではすでに予約を受け付けています。

スポンサーリンク

スペック

公式および販売店で記載されているスペックは以下となります。

モトローラも折りたたみ式スマホの新モデル「Razr 2022」を正式発表
OSMyUI 4.0
based Android 12
ディスプレイ6.7インチ OLED
144Hz
DCI-P3 100%
HDR10+
サブスクリーン2.7インチ OLED
CPUSnapdragon 8+ Gen 1
RAM8GB
12GB
内部ストレージ128GB
256GB
512GB(12GBRAMのみ)
リアカメラ50MP(メイン, OIS)
13MP(超広角・マクロ)
フロントカメラ32MP
バッテリー3,500mAh
30W急速充電
サイズ厚み 7.62mm/16.99mm
重さ198g

これまでミッドレンジクラスのスペックでしたがハイスペックへと引き上げられたことやディスプレイ周り、カメラ周りの改善が現行モデルからの主な変更点となります。また現行モデルでも問題視され、今回も懸念材料となっていたバッテリー容量について、3,500mAhへと増量されました。ただ、これがCPUの性能と差し引きして実際にどの程度持つかは実機レビューを待つしかなさそうです。

変更点は多々ありますが、サイズ的にはそこまで大きく違いはないため、扱いやすいサイズの折りたたみ式スマートフォンとなっています。

気になる価格についてですが、中国モトローラの公式ストアでは、8GBRAM+128GBストレージモデルが5999元(約12万円)、8GBRAM+256GBストレージモデルが6499元(約13万円)、12GBRAM+512GBストレージモデルが7299元(約15万円)となっています。

スペックなどから考えると想像していたよりもお得感のある値段で、ライバルとなる「Samsung Galaxy Z Flip 4」よりもやや安価に入手できる可能性もあります。ただ、今回は中国市場での発表になるため、グローバルで展開された場合や日本での展開時には大きく価格が変わる可能性があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android
HelenTech