Googleドキュメントでタスクを割り当て、Googleタスクで表示できるようになりました

google-workspace-imageGoogle Workspace

昨年からGoogleドキュメントでチェックリストを作成することができるようになっていますが、今回のアップデートによって、ドキュメントで作成したチェックリストで担当者(ユーザー)の割り当てができるようになりました。さらにリストからタイトルや期日の設定もできるようになり、ユーザーを割り当てた場合はその人のGoogle タスクに表示されるようにもなります。

Task-x-Docs-integration

ドキュメントで変更したタイトルや期日などの内容はGoogle タスクに反映され、Google タスクで変更した場合も同様にドキュメンド側に反映されるようになります。

このGoogleドキュメントとGoogle タスクの統合は展開されはじめていて、今後数週間ですべてのGoogle Workspaceユーザーおよび従来のG Suite Basic/Businessユーザーが利用可能となりますが、個人のGoogleアカウントユーザーは利用できません。

Google Workspaceをお使いで、ドキュメントを利用したスケジュールやタスク管理を考えているユーザーにはありがたい変更になりそうです。