Google ニュース でも配信中!

Amazfitのスマートウォッチ「GTS 4 Mini」が本日から国内販売開始

zepp-release-amazfit-gts-4-miniウェアラブル・周辺機器

扱いやすいスマートウォッチを多数リリースしているZeppの独自ブランドAmazfitから、新モデル「Amazfit GTS 4 Mini」が国内でも本日(2022/08/19)から販売開始となりました。

これまでのMiniシリーズと同じくコンパクトサイズで軽く、機能面も十分なものを揃えていてバッテリー駆動時間も長いという特長があります。

今回のモデルのスペックは以下のとおりです。

スポンサーリンク
スクリーン1.65インチ AMOLED
336 × 384
309ppi
反指紋コーティング
2.5D強化ガラス
サイズ41.8×36.66×9.1mm
重さ31.2g
ボディ素材アルミニウム合金+樹脂
健康管理心拍数
睡眠
ストレス
月経
血中酸素飽和度
測位システムGPS、GLONASS、Galileo、BeiDou、QZSS
アクティビティ測定120種類以上
防水5ATM(5気圧)
バッテリー通常使用 最大15日
省電力 最大45日
ネットワークBluetooth 5.2

以前のMiniモデルよりもスクリーンサイズが大きくなりましたがサイズはそこまで違いはなく、コンパクトサイズを維持したままでバッテリー駆動時間も通常使用で最大15日となっています。前のモデルを実際に使っていますが、毎日1時間程度のウォーキングを測定しても1週間程度はバッテリーが持つので、毎日充電するのは億劫と感じる人には良いスマートウォッチです。

またアプリに対応したりPAI健康測定が使えるようになったり、スポーツの自動認識にも対応しているため、「GTS 4 mini」はより扱いやすくなったモデルだと思います。

「GTS 4 Mini」の価格は16,800円(税込)と機能面などを考えたらかなりお手頃価格となっていますし、AndroidスマートフォンとiPhoneのどちらでもペアリングして使うことができますので、デバイスを選ばないという点もメリットです。

手頃な価格で扱いやすいスマートウォッチをお探しであれば、「Amazfit GTS 4 mini」を検討してみるのも悪くはないと思います。