Google ニュース でも配信中!

Acerが「Chromebook Vero 514」を発表。環境に配慮した素材を使ったシリーズ初のChromeOSモデル

Acerが「Chromebook Vero 514」を発表。環境に配慮した素材を使ったシリーズ初のChromeOSモデルChromebook

本日、「Vero」シリーズのラインナップとして初のChromeOSデバイス「Acer Chromebook Vero 514」が海外で発表されました。8月のはじめ、日本エイサーが国内でも再生プラスチックを使用したサステナブルな製品シリーズとして「Vero」シリーズのWindowsノートパソコンとモニタを発表していますが、そのラインナップ初のChromeOSモデルがこの「Chromebook Vero 514」です。

「Chromebook Vero 514」は、Windowsのモデルと同じく14インチで、筐体には約30%のリサイクルプラスチック、キーキャップやスピーカーでは約50%に達しているとしています。またトラックパッドやファンなどは海洋プラスチックで作られています。

スポンサーリンク

スペック

Acerが「Chromebook Vero 514」を発表。環境に配慮した素材を使ったシリーズ初のChromeOSモデル
ディスプレイ14インチ
1920×1080
sRGB 100% / 300nits
[OP]タッチスクリーン
CPUPentium Gold 8505
Core i3-1215U
Core i5-1235U
Core i7-1255U
RAM最大16GB
ストレージ最大256GB
(※日本サイト 最大512GB)
ポートUSB-C ×2
USB-A ×1
HDMI ×1
ネットワークWi-Fi 6E
Bluetooth
Webカメラ1080p
バッテリー最大10時間
その他MIL-STD 810H
(指紋センサ)
価格499.99ドルから

どのような構成になるかはまだわかりませんが、おそらくWindowsモデルと同様にCore i5/8GBRAMやCore i7/16GBRAMといったわかりやすい構成になると予想されます。またこのモデル、プレスリリースの説明を見る限りではデバイスの修理を簡単にするため底面カバーのネジを標準にしており、さらにメモリとストレージのアップグレードも可能となっているようです。

スポンサーリンク

ただ、コンシューマー向けモデルとエンタープライズ向けモデルが存在していますので、一部スペックや選択できる構成は限られている可能性もあります。価格はベースモデルが約500ドルから、米国では10月から発売予定となっています。

日本でもWindowsモデルがリリースされていますので、この「Chromebook Vero 514」もリリースされる可能性はあります。それに日本語ページもすでに用意されているので、可能性としては高いと思います。とは言え、Windowsは8月に発表されたばかり、これも米国で10月発売となると、年内にリリースされるか来年になるか…といったところでしょうか。期待したいですね。