Google ニュース でも配信中!

ChromeOS 105でAndroidのゲームアプリをキーボード操作でプレイできるようになりました

ChromeOS

これまでChromebookでAndroidアプリのゲームをプレイしようと思っても、タッチスクリーンに最適化されたゲームであれば正常に動作するものの、すべてのChromebookがコンバーチブルやタブレットというわけではなく、そもそもタッチ非対応のモデルではプレイできないこともありました。

しかしChromeOS 105では、タッチスクリーンに非対応であったとしてもキーボード操作でコントロールできる機能(game controls feature)のアルファ版が導入されていることがわかりました。これはChromeOS.devへの投稿により明らかにされました。

スポンサーリンク

ChromeOS 105の時点では一部のタイトルに限られますが、タッチスクリーンのみで操作可能なAndroidゲーム向けに、キーの押下をタッチに置き換えることでコントロール可能になっています。

ChromeOS 105でAndroidのゲームアプリをキーボード操作でプレイできるようになりました

もともとタッチスクリーンに対応しているデバイスだけでなくタッチ非対応のChromebookでもキーボードを使って操作でき、さらに外部モニタに出力していてもプレイできるということになるため、ChromebookでAndroidゲームもプレイしたいというユーザーには大きな改善となりました。

ChromeOS.devの投稿からは、「WASD」の操作部分や他のキーはメニューからキーバインドをカスタマイズできるようなので、かなり自由度の高い操作ができるようになりそうです。ただ、ナビゲーションメニューなどへのアクセスはマウスやトラックパッドを使う必要があります。

最初のリリースでは、対応しているゲームは以下のジャンルとタイトルになっています。

Joystick games

Single button Games

Multi-button games

Swipe games

今後もChromebookでゲームコントロールをサポートするゲームは増えていくと伝えていますので、クラウドゲーミングサービスやSteamだけでなくAndroidのゲーム用デバイスとしても期待できそうですね。あとは単純に動くアプリが増えてくれれば良いのですけど。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ChromeOS
HelenTech