Google ニュース でも配信中!

ChromeOS 105 へのアップデートが開始しました

chromebook-logo-imageChromeOS

ChromebookなどのほとんどのChromeOSデバイスにおいて、StableチャンネルのバージョンはChromeOS 105へとアップデートを開始しています。

このアップデートによってChromeOS 105.0.5195.112 (プラットフォーム バージョン: 14989.85.0 )へとアップデートされ、今後数日間で展開されます。

ChromeOS 105 へのアップデートが開始しました

現時点では公式からアップデートに関する詳細は明らかにされていませんが、他OSのChromeブラウザと同様にセキュリティ修正や改善が含まれていますので、アップデートはしておくほうが無難です。

いまのところ目立ったバグなどは報告されていませんが、業務用端末であったり問題が発生したときに対処できるか不安な場合は、他ユーザーの報告を待つなど数日間は様子見をするほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

なお、先日報告していた「Androidのゲームアプリをタッチスクリーンではなくキーボードで操作」するGame Controls Featureもフラグ #arc-input-overlay が登場していました。

ChromeOS 105 へのアップデートが開始しました

記事執筆時点で動作するかは未確認ですが、予定通りに実装されていることは確認できました。

さらにバッテリー寿命をわずかに延ばせるかもしれない機能として、「Quick intensive throttling after loading」というフラグが追加されることも以前にお伝えしましたが、これもStableにてフラグ #quick-intensive-throttling-after-loading が追加されていること確認しました。

ChromeOS 105 へのアップデートが開始しました

ただこれも、記事執筆時点では試しておらずどの程度効果があるのかを把握していませんので、とりあえずの紹介です。

もし今回のアップデートによって不具合等が生じた場合は、Chromebookからフィードバックを送信したりバグを報告するなどの対応を行ってください。

これらのフラグ以外にも新機能などが確認でき次第、改めて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ChromeOS
HelenTech