OPPOが日本でもAndroidタブレット「OPPO Pad Air」を発売。価格は37,800円

oppo-release-oppo-pad-air-japanAndroid

OPPOブランドから日本向けとして初めてのAndroidタブレット「OPPO Pad Air」を9月30日から発売することを発表しました。すでにAmazonや楽天市場、家電量販店などで予約を受け付けており、販売価格は37,800円(税込)となります。

スポンサーリンク

「OPPO Pad Air」は、IPS方式の10.3インチ(2000×1200)ディスプレイを搭載し、Snapdragon 680と4GBRAM/64GBストレージを搭載するスタンダードクラスのAndroidタブレットです。RAMに関しては最大7GBまでの仮想メモリ機能(物理4GB+仮想3GB)を備えているため、スペックシートで見るよりも性能面ではゆとりのあるデバイスと思います。

OSはAndroid 12をベースにしたColorOS 12で動作しており、独自機能も多数備えているのが特長です。

バッテリー容量7,100mAhで最大18W急速充電対応、USB-Cポート、重さ440gと軽量といったスペックで、かなりバランスの取れたモデルに仕上がっていると思います。10インチ前後のAndroidタブレットの選択肢としては悪くないんじゃないでしょうか。

OSColorOS 12
based Android 12
ディスプレイ10.36インチ IPS
2,000 × 1,200
60Hz
CPUSnapdragon 680
RAM4GB
(+3GB 仮想メモリ)
内部ストレージ64GB
外部ストレージmicroSD(最大512GB)
リアカメラ8MP
フロントカメラ5MP
ネットワークWi-Fi 5
Bluetooth 5.1 BLE
ポートUSB-C
バッテリー7,100mAh
最大18W急速充電
サイズ245.08×154.84×6.94mm
重さ440g

安価なAndroidタブレットよりも少し高めの価格設定ですが、性能も上であることやNetflixとAmazon Prime VideoのHD再生にも対応している点などが書かれていることもあってハズレ感は少ないと思います。

販売価格は37,800円(税込)となっていますが、Amazonでは34,364円で購入することもできますので、10~11インチでスタンダードなAndroidタブレットを求めていた人は検討してみていはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google ニュース リンクバナー
Android
HelenTech