HPが米国で13.3インチ「Chromebook x360 13b」を発売。 MediaTek Kompanio 1200を採用

HPが米国で13.3インチ「Chromebook x360 13b」を発売。 MediaTek Kompanio 1200を採用Chromebook

HPが米国公式サイトにてMediaTek Kompanio 1200(もしくはKompanio 1380)を採用した13.3インチモデル「HP Chromebook x360 13b」の販売を開始していることが報告されました。日本から直接購入することはできませんがすでに購入可能となっていて、価格は469.99ドルからとなっています。

以下に公式サイトに掲載されてるモデルのスペックを紹介しておきます。

スポンサーリンク

スペック

ディスプレイ13.3インチ IPS
1920 × 1080
250nits
タッチスクリーン
CPUKompanio 1200
(Kompanio 1380)
RAM4GB
(8GB)
内部ストレージ128GB
256GB
PCIe NVMe M.2 SSD
外部ストレージmicroSD
ポートUSB-C ×2
USB-A ×1
3.5mm jack
ネットワークWi-Fi 6
Bluetooth 5.2
WebカメラHP Wide Vision 720p
プライバシーシャッター
バッテリー最大16時間
その他[OP]キーボードバックライト
サイズ308.1×208.7×16.7mm
重さ1.34kg

「HP Chromebook x360 13b」は、同社としては珍しい13.3インチ(16:9のアスペクト比)を採用したコンバーチブルタイプのChromebookです。またCPUもインテルではなく、MediaTekの新しいチップセットKompanio 1200もしくは1380を採用していることも特長です。

1200~のKompanioチップセットは、Chromebook向けでリリースされたものの採用台数が限られていて、1200はAcer Chromebook Spin 513に続く2機種目の採用となります。

スペックシートを見る限りではかなりバランスの取れたスタンダードな性能のChromebookに仕上がっていて、価格も469.99ドルと手頃感のあるデバイスだと思います。ただ、現在のドル円では約68,000円となりますので、仮に輸入するとしても送料や関税等で10万前後になってしまうと考えると、手は出しづらいですね。

スポンサーリンク

「HP Chromebook x360 13b」が日本国内であるかはわかりませんが、13.3インチの選択肢は国内の現行モデルだと「Lenovo IdeaPad Flex550i Chromebook」くらいしかありませんので、そこを狙ってくるのであれば出る可能性はあります。しかし価格設定がどうなるか、というところでしょう。

Kompanio 1200と1380の実力は非常に興味深いところですので、日本でリリースされたときにはぜひ試してみたいものです。

詳細は公式サイトのストア内でベースモデルの情報がありますので、そちらをご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google ニュース リンクバナー
Chromebook
HelenTech