Googleが「Pixel 7」と「Pixel 7 Pro」を正式発表。日本でも予約を開始、13日頃発送予定

madebygoogle-2022-event-pixel-7-seriesAndroid

Google I/O 2022にてお目見えして以降、これまで何度もリークが登場し、公式もしっかりプロモーションを行っていたGoogleの最新フラッグシップスマートフォン「Pixel 7」と「Pixel 7 Pro」がようやく正式発表となりました。日本国内でもすでに予約を開始しており、10月13日〜14日に到着予定のスケジュールとなっています。

価格は前モデルよりわずかに値上がりし、「Pixel 7」は82,500円から、「Pixel 7 Pro」は124,300円からとなります。

スポンサーリンク

スペック

Googleが「Pixel 7」と「Pixel 7 Pro」を正式発表。日本でも予約を開始、13日頃発送予定
Pixel 7 ProPixel 7
OSAndroid 13Android 13
ディスプレイ6.7インチ
3120×1440
OLED LPTO
120Hz
6.3インチ
2400×1080
OLED
90Hz
CPUTensor G2Tensor G2
RAM12GB8GB
内部ストレージ128GB
256GB
512GB
128GB
256GB
外部ストレージ
リアカメラ50MP
12MP超広角
48MP望遠
50MP
12MP超広角
フロントカメラ10.8MP10.8MP
バッテリー5,000mAh
23W急速充電
ワイヤレス充電
4,355mAh
21W急速充電
ワイヤレス充電
ネットワークWi-Fi
Bluetooth
Wi-Fi
Bluetooth
その他指紋センサ
顔認証
IP68 防水・防塵
Titan M2
指紋センサ
顔認証
IP68 防水・防塵
Titan M2
サイズ162.6×75.9mm154.9×74.8mm
重さ
価格124,300円から82,500円から

価格は前モデルと大きく変わりませんが、全体的に見ると”手頃な価格のフラッグシップ”という立ち位置で、主な変更点がCPUでマイナーアップデートに近くなっています。CPUは第2世代のTensor G2を搭載し、大きな性能向上はないものの、バッテリーの節約やパフォーマンスがわずかに向上しているとしています。

CPUやデザイン面以外での変更点は主にカメラに関するもので、「Pixel 7 Pro」はカメラの画素数こそ変わりませんが、最大30倍のハイブリッドズーム(スーパーレゾズーム)が可能になっており、電子式手ブレ補正と光学式手ブレ補正が含まれています。「Pixel 7」も画素数に違いはないものの、50MPメインカメラに2倍の光学ズームを備えていて、デジタルズームと組み合わせ最大7倍ズームで撮影が可能になっています。フロントカメラも10.8MPに変更されたことで顔認証を使うことができるようになりました。

一方で、バッテリーに関して「Pixel 7 Pro」は前モデルと変更ないものの、「Pixel 7」はわずかに少ない4,355mAhへ容量が変更されています。これがバッテリー駆動時間にどう影響するかが気になるところです。

スポンサーリンク

OSはAndroid 13 を採用しており、3年間のAndroid OS メジャーアップデートと5年間のセキュリティアップデートが保証されています。

価格についてですが、前モデル「Pixel 6」は74,800円から、「Pixel 6 Pro」は116,600円からで販売されていましたが、「Pixel 7」は82,500円から、「Pixel 7 Pro」は124,300円からと少々値上がりしています。しかし予約特典としてGoogleストアクレジットなどが付点するため、多少はお得に購入することも可能です。

すでに日本公式ストアでも予約を開始しており、発売は10月13日となっていますのでぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに筆者は「Pixel 7 Pro」と「Pixel Watch」のLTEモデルを速攻でポチリました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google ニュース リンクバナー
Android
HelenTech