Googleがイベントで「Pixel Tablet」の情報も追加で発表

Android

10月6日に行われたMade by Googleイベントでは、来年2023年にリリースを予定しているとするタブレットデバイス「Google Pixel Tablet」に関する追加情報も発表しました。

一部は過去のリークを裏付ける内容でしたが、リークから変更されている点や新情報などが登場しています。

スポンサーリンク

まず、以前のリークでは「Pixel Tablet」に第1世代Tensorが搭載されると言われていましたが、今回のイベントでPixel 7シリーズと同じ第2世代となるTensor G2チップセットを搭載することが明らかにされました。

さらにアプリの分割画面やスタイラスペンをサポートすることも明らかにし、リークどおりタブレットとペアになる充電兼スピーカードックもリリースします。ドッキングすることで「Pixel Tablet」はGoogle Nest Hubなどと同じくスマートホーム ディスプレイとして使うことも確実になりました。

なお、公式とは別の情報になりますが、もしかしたら専用ドックは発表された1つだけではなく2つ目がある可能性が指摘されています。

いずれにしても、リークどおりドックと接続することでスマートディスプレイのように使えることに違いはありません。スペックの詳細はまだわからないものの、Tensor G2が搭載されることを考えるとミッドレンジ〜ハイエンドにあたりの手頃なAndroidタブレットとなることが予想されます。

価格は発売時期についてもまだわかりませんが、価格については「Pixel 7」シリーズを見た限り、他のタブレットデバイスと競争力のある価格設定になると思います。2023年のリリースが楽しみですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google ニュース リンクバナー
Android
HelenTech