Pixel Watchの画面の問題は焼付きではなく残像とGoogleが説明

ウェアラブル・周辺機器

海外ユーザーからの報告によって、常に画面をオンにする機能を長時間利用するとGoogleのスマートウォッチ「Pixel Watch」のディスプレイに”画面の焼付き”のような現象に遭遇する可能性があることがわかりました。しかしGoogleからは単なる残像であると説明されています。

スポンサーリンク

この「Pixel Watch」に生じる焼付き・残像のような現象についての報告はRedditユーザーや9to5Googleによるもので、一例としてディスプレイの常時表示(常に画面ON)を1日12時間以上有効にして、5日間使用した場合などで起きるとしています。

この問題は常に画面オンをオフにすると30分ほどで消えるようですが、状況によっては再び表示されてくるとしています。ただ、デバイスによって問題が起きる場合と起きない場合があるようで、原因ははっきりとしていません。

Googleによれば、「Pixel Watch」に永続的な画面焼けが起きているわけではなく、一時的な残像が発生していると説明していますが、画面に長く表示されているほど消えるのに時間がかかるとも伝えています。

スポンサーリンク

時間の経過とともに解消されるため、例えば常時表示をオフにしたり就寝時におやすみモードを使うことによって画面表示を一時的にオフにすることで問題は解決するようですが、そうとは知らずに長時間使ったあと残像が表示されていたらさすがに問題になると思います。

ともかく、もし「Pixel Watch」をお使いで画面焼けのような現象に遭遇したら、常時表示をオフにして画面の点灯時間を極力減らすことで問題が解決するようなので、一安心(?)というところでしょうか。

問題が解決しない場合には、アプリなどからGoogleにフィードバックを送信することをおすすめします。

Source: 9to5Google

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google ニュース リンクバナー
ウェアラブル・周辺機器
HelenTech