Googleは「Pixel Watch」のバッテリーが24時間駆動した条件を公開

google-pixel-watch-batteryウェアラブル・周辺機器

Googleはスマートウォッチ「Pixel Watch」のバッテリー駆動時間を最大24時間として掲載していますが、発売してからしばらくの間はその条件は明らかにされていませんでした。しかし、最近になってGoogle Pixel Watch ヘルプ「Google Pixel Watch の充電とバッテリー駆動時間の向上」という記事を更新したことで、24時間のバッテリー駆動した際の使用状況を公開しました。

スポンサーリンク

公開された記事では、「24 時間のバッテリー駆動時間は、以下の使用状況に基づいて算出されています。」として項目が紹介されています。

  • 240 件の通知受信
  • 280 回の時刻確認
  • LTE 接続時の 5 分間の通話
  • ダウンロードした YouTube の音楽を再生しながら 45 分間のワークアウト(LTE 接続および GPS 使用)
  • Bluetooth® を介してスマートフォンに接続した状態で 50 分間のナビ(Google マップ)
  • デフォルトの設定(「常に表示状態のディスプレイ」がオフなど)で構成されたスマートウォッチ

ここではPixel Watchの[常に画面をオン]がオフになっていることがわかります。しかし、海外のレビューなどではオンの状態でも24時間以上持ったという話もありました。条件次第だとは思いますが、少なくとも常に画面をオンにしたまま24時間もたせることは難しいと考えておくほうが良さそうです。

筆者の環境では常に画面をオンとGoogleアシスタントの常時検出をオフ、他はほぼデフォルトの状態かつ45〜1時間程度のワークアウトを含めてほぼ24時間は持ちます。が、就寝中はおやすみモードを利用したりバッテリーの消費を抑える工夫をした上で24時間程度なので、気にせず使ったら24時間もたせるのは厳しいかと思います。

Source: 9to5Google

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google ニュース リンクバナー
ウェアラブル・周辺機器
HelenTech