CES 2023 で発表された Chromebook などはこちら >>

Chromebookを充電したり、バッテリー残量が低下すると効果音が出るようになるかも

ChromeOS

スマートフォンやタブレットでは、バッテリーを充電するときに電源に接続したりワイヤレス充電器の上に置くと充電の開始音が流れるのはお馴染みです。今回の報告によると、どうやらGoogleはChromebookにもこういった効果音を追加することを計画していることがわかりました。

スポンサーリンク

ほとんどのAndroidデバイスでは、充電の開始が音によって確認することができますが、Chromebookでは起動中のバッテリーアイコンか本体内蔵のLEDインジケーターでしか判断できません。今回の機能が追加されれば、この音による充電状態の把握がChromebookでも可能になります。

この変更で追加される効果音はいまのところ4つあり、バッテリー残量が満タンに近い状態で充電したときの効果音、16%から80%の場合、15%以下の場合、低バッテリーになったときの警告が用意されています。

満タンに近い状態
充電が少ない場合
15〜80%
15%以下になったとき

もちろん、Chromebookがサイレントモードに設定されている場合には効果音は再生されません。ただ開発の初期段階では、この効果音のオン・オフなどを設定できるようにはなっていないとしています。

充電に関する効果音が実装されるとすればChromeOS 110と予想されるため、少なくとも2023年2月以降になると思われます。

Source: 9to5Google

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google ニュース リンクバナー
ChromeOS
HelenTech