CES 2023 で発表された Chromebook などはこちら >>

Xiaomi 13 と Xiaomi 13 Pro が中国市場向けに正式発表

xiaomi-release-13-series-imageAndroid

本日、Xiaomiは中国市場向けとしてフラッグシップスマートフォン「Xiaomi 13」および「Xiaomi 13 Pro」を正式に発表しました。どちらのモデルもQualcommの最新チップセット Snapdragon 8 Gen 2を搭載し、カメラの大幅なアップグレードと新しいデザインを採用しています。

現時点では中国市場向けとなりますが、将来的にグローバルでもリリースされる予定です。

スポンサーリンク

スペック

Xiaomi 13Xiaomi 13 Pro
OSMIUI 14
Android 13
MIUI 14
Android 13
ディスプレイ6.39インチ OLED
2400×1080
120Hz
6.73インチ OLED
3200×1440
120Hz
CPUSnapdragon 8 Gen 2Snapdragon 8 Gen 2
RAM8GB
12GB
8GB
12GB
ストレージ128GB
256GB
512GB
128GB
256GB
512GB
リアカメラ50MP
12MP(超広角)
10MP(望遠x3倍)
50MP
50MP(超広角/マクロ)
50MP(望遠x3倍)
フロントカメラ32MP32MP
バッテリー4,500mAh
67W急速充電
50Wワイヤレス充電
10WリバースW充電
4,820mAh
120W急速充電
50Wワイヤレス充電
10WリバースW充電
その他IP68 防塵・防水IP68 防塵・防水
サイズ152.8×71.5
×8.1mm
162.9×74.6
×8.7mm
重さ189g229g

両者ともハイエンドスマートフォンらしい仕上がりとなっていて、同じSnapdragon 8 Gen 2を搭載し、RAMとストレージ構成も共通していますが、ディスプレイサイズやバッテリーまわり、そしてリアカメラの構成に違いがあります。

とくにカメラですが、「Xiaomi 13 Pro」に搭載されるリアカメラは「Xiaomi 12S Ultra」にも搭載されていたソニー IMX989の1インチ 50MPカメラ(f/1.9)をメインに搭載し、XiaomiのHyperOIS 安定化技術が搭載されています。この他にも50MPの超広角・マクロカメラ、50MPの望遠カメラが搭載されます。

スポンサーリンク

一方、「Xiaomi 13」はメインカメラが50MPですが、「13 Pro」とは異なりIMX800に置き換わっています。それ以外も12MP超広角と10MP望遠に置き換わり、「13 Pro」に比べてやや控えめの構成です。

バッテリーも「Xiaomi 13 Pro」が4,820mAhと大容量かつ120W有線急速充電に対応していますが、「Xiaomi 13」は4,500mAhに67W有線急速充電をサポートと抑えられています。なお、どちらも50Wワイヤレス充電をサポートし、10Wのリバースワイヤレス充電もサポートしています。

最後に価格についてですが、中国市場では「Xiaomi 13」のベースモデル(8GBRAM・128GBストレージ)が3,999元(約7.9万円)、最上位(12GBRAM/512GBストレージ)が4,999元(約9.8万円)となっています。

「Xiaomi 13 Pro」はベースモデルが4,999元(7.9万円)、最上位が6,299元(約12.5万円)です。

グローバルでの展開も期待されますが現時点ではアナウンスはなく、時期や価格などについては今後発表されると見られています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google ニュース リンクバナー
Android
HelenTech