CES 2023 で発表された Chromebook などはこちら >>

Lenovoが12.2インチの「IdeaPad Flex 3i Chromebook」を海外で発表。 Intel N100/N200搭載

lenovo-release-chromebook-ideapad-flex-3-12-8Chromebook

レノボが海外にて12.2インチの「Lenovo IdeaPad Flex 3i Chromebook (12”, 8)」を発表しました。このモデルは、PentiumおよびCeleronブランドに代わる製品としてリリースされたインテル プロセッサー N100とN200を搭載する初のChromebookとなります。

スポンサーリンク

スペック

現在明らかになっているスペックは以下のとおりです。

IdeaPad Flex 3i Chromebook
ディスプレイ12.2インチ
1,920×1,200
タッチ対応
300nits
CPUIntel N100/N200
RAM4GB/8GB
内部ストレージ64GB/128GB
eMMC
外部ストレージmicroSD
ポートUSB-C ×1
USB-A ×2
HDMI ×1
ネットワークWi-Fi 6/6E
Bluetooth 5.2
Webカメラ720p or 1080p
物理シャッター
バッテリー最長12時間
サイズ284×210×18.4mm
重さ1.25kg
価格350ドル〜

12.2インチというディスプレイサイズで16:10のアスペクト比を採用したChromebookは「Samsung Chromebook Plus v2」以来の登場となりますが、性能は今風のスタンダードなコンバーチブルモデルとなっています。またドロップ ヒンジ機能(エルゴリフトのような)を採用しているため、天板を開いていくとキーボード側に15度の角度がつくことも特長です。

またWebカメラは物理シャッター付きのHDもしくはフルHDカメラオプションを選択でき、マイクミュートキーも備えているようです。ポートもUSB-Cこそ1つしかありませんが、Aが2つとHDMIポートが搭載されているため、学校やビジネス用途としても悪くなさそうです。

スポンサーリンク

一方、12.2インチでバッテリー駆動時間も最長12時間と持ち運びに向いているようで、重さが1.25kgとそこまで軽量ではない点が少し残念でしょうか。ただ、Samsungのモデルも1.35kg程度ありましたので、軽くなったと言えばなったような。

最後に価格と発売日についてですが、「Lenovo IdeaPad Flex 3i Chromebook (12”, 8)」は349.99ドルからとなっており、2023年5月から販売開始となっています。日本でのリリースは不明ですが、海外でこの価格だとベースモデルでも5万円を超えてくるでしょうし、時期も5月以降になると予想されます。

出るとすれば「Lenovo Chromebook IdeaPad Slim 350i」の置き換えという感じになるかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google ニュース リンクバナー
Chromebook
HelenTech