Xiaomiが Redmi K60 シリーズを中国で発表

xiaomi-redmi-k60-pro-imageAndroid

手頃な価格とバランスの取れたスペックで人気の高いXiaomiのサブブランド Redmi から、新たに「Redmi K60」シリーズが発表されました。このラインナップには「Redmi K60 Pro」、「Redmi K60」、「Redmi K60E」の3機種が含まれます。

スポンサーリンク

この3つのスマートフォンはディスプレイやカメラ構成の一部などが共通していますが、CPUやメインカメラなど主要な部分が異なるため、それぞれに特長が現れていると思います。

Redmi K60 ProRedmi K60Redmi K60E
ディスプレイ6.67インチ
3200×1440
OLED
120Hz Rr
6.67インチ
3200×1440
OLED
120Hz Rr
6.67インチ
3200×1440
OLED
120Hz Rr
SoCSnapdragon 8 Gen 2Snapdragon 8+ Gen 1MediaTek Dimensity 8200
RAM8GB
12GB
16GB
8GB
12GB
16GB
8GB
12GB
内部ストレージ128GB
256GB
512GB
128GB
256GB
512GB
128GB
256GB
512GB
リアカメラ50MP(IMX800)
8MP(超広角)
2MP(マクロ)
64MP
8MP(超広角)
2MP(マクロ)
48MP
8MP(超広角)
2MP(マクロ)
フロントカメラ16MP16MP20MP
ネットワークBluetooth 5.3
Dual SIM
NFC
Wi-Fi 6E
Bluetooth 5.3
Dual SIM
NFC
Wi-Fi 6E
Bluetooth 5.3
Dual SIM
NFC
Wi-Fi 6
バッテリー5,000mAh
120W有線充電
30Wワイヤレス充電
5,500mAh
67W有線充電
30Wワイヤレス充電
5,500mAh
67W有線充電
サイズ162.78×75.44
×8.59mm
162.78×75.44
×8.59mm
163.1×76.15
×8.48mm
重さ205g204g202g

いずれもディスプレイ内指紋センサを搭載、MIUI 14も含まれています。

「Redmi K60シリーズ」になることの最大のアップグレードは、「K60 Pro」および「K60」に「Redmi」シリーズのスマートフォンでは初となるワイヤレス充電が搭載されていることです。

より性能の高いモデルを選ぶのであれば「K60 Pro」となりますが、そこまでの性能を求めないのであればベースの「K60」でも十分だと思います。

スポンサーリンク

一方、「K60E」はRAMの上限が下がるなど他の2モデルに比べて手頃な選択肢になることが期待できますが、ワイヤレス充電がなくなっているため、これの必要性と予算に応じて検討することになるかと思います。

価格について、いずれもベースモデルが8GBRAM/128GBストレージとなりますが、「K60 Pro」は3,299元(約6.3万円)から、「K60」が2,499元(約4.8万円)から、「K60E」は2,199元(約4.2万円)からとなっています。

現時点ではこれらの機種は中国市場のみとなっていますが、過去の傾向から少なくとも1つはグローバル向けにリリースされると思われます。そのときには名称変更される可能性もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android
HelenTech