CES 2023 で発表された Chromebook などはこちら >>

「Lenovo ThinkCentre M60q Chromebox」のスペックがようやく公開

lenovo-ThinkCentre-M60q-Chromebox-EnterpriseChromebox

今年9月、IFAで発表されたLenovoのインテル第12世代CPUを搭載する「ThinkCentre M60q Chromebox」の完全なスペックが公開されたことが報告されました。発表時点ではいくつか主要な情報は明らかにされましたが、どのような構成でラインナップされるかは不明なままでした。

スポンサーリンク

現在、明らかにされているスペックは次のとおりとなります。

スペック

CPUCeleron 7305
Core i3-1215U
Core i5-1235U
RAM8GB
16GB
32GB
内部ストレージ64GB eMMC
128GB(M.2 2242)
256GB(M.2 2280)
外部ストレージ
ポート[前面]
USB-A(3.2 Gen 2) ×2
USB-C(3.2 Gen 2) ×1
イヤホンジャック

[背面]
USB-A(3.2 Gen 1) ×4
HDMI 2.0 ×1
DP 1.4 ×1
Ethernet(RJ45) ×1
※オプションでDP or HDMI追加可能
ネットワークBluetooth 5.0
Wi-Fi 6E
その他VESAマウント(100×100mm)
有線キーボード&マウス 付属
サイズ182×178×34mm
重さ1.07kg

発表時点では最大でCPU/RAM/ストレージが示されていたのみで、具体的にどのチップセット等を採用するかはわかりませんでした。エントリークラスにはCeleron 7305と8GBRAM、最上位ではCore i5-1235Uと32GBRAMとなっていて、Core i7の選択肢はありません。とは言え、インテル第12世代となったことでほとんどの場合はCore i5でも十分過ぎるパワーとなりましたので、コストを抑えるという点でも悪い選択肢ではないと思います。

ちなみに、CeleronとCore i3モデルに搭載される内蔵グラフィックスはIntel UHD Graphics、Core i5に搭載される内蔵グラフィックスはIntel Iris Xe Graphicsという違いがあります。

「Lenovo ThinkCentre M60q Chromebox」のスペックがようやく公開

どこまでグラフィックス性能を必要とするかにも寄りますが、CPUのパワーも含めてCore i3もしくはCore i5を選んでおけば基本的には問題ないと思います。

スポンサーリンク

価格について、発表時点の情報ではベースモデルが323ドルとなっています。おそらくCeleronと8GBRAM、64GB eMMCストレージの構成になるはずですが、開くタブも10個程度でWebベースのことしかしない、日常使いのデバイスとしては手頃なモデルだと思います。ただAndroidでゲームをしたり、タブを大量に開いたり、Linuxを使う場合には厳しいかと思います。

筆者としてはChromeboxの選択肢の一つとして期待していますが、発売予定は米国でも2023年2月となっています。もし日本でリリースされるとしてもそれ以降ですし、そもそも発表されるかどうかもわかりませんので、ひとまずは海外リリース待ちとなりそうです。

Source: PSREF via About Chromebooks

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google ニュース リンクバナー
Chromebox
HelenTech