CES 2023 で発表された Chromebook などはこちら >>

「Acer Chromebox CXI5 (Enterprise)」が発表。ドック付き24インチモニターも登場

acer-chromebox-cxi5-image-00Chromebox

Acerが next@acer 2023 イベントにて、Chromeboxの新モデルとなる「Acer Chromebook CXI5」および「Acer Chromebook CXI5 Enterprise」を発表しました。これらのモデルはインテル第12世代プロセッサを搭載し、最大でCore i7およびビジネス向けのIntel vPro、最大4つの外部ディスプレイをサポートします。

また、「Acer Chromebox CXI5」をドッキングできる24インチのフルHDモニター「Acer Add-In-One 24」も同時にリリースされました。

「Acer Chromebox CXI5」と「Add-In-One 24」のスペックについて、確認できている内容は次のとおりです。

スポンサーリンク

スペック

CPUCeleron 7305
Core i3-1215U
Core i5-1235U
Core i5-1245U vPro
Core i7-1270P vPro
RAM4GB / 8GB
最大16GB
内部ストレージ32GB eMMC
64GB eMMC
128GB eMMC
256GB M.2 2280 PCIe
256GB M.2 2280 PCIe Gen4
外部ストレージmicroSD
フロントポートUSB-A(3.2 Gen2) ×2
USB-C(4 Gen 3) ×1
Audio jack
microSD Slot
リアポートUSB-A(3.2 Gen2) ×2
USB-C(4 Gen 3) ×1
HDMI 2.1 ×2
Ethernet(RJ45) ×1
ネットワークWi-Fi 6E
Bluetooth 5
サイズ186×186×36mm
その他VESAマウント

現在、国内でも販売されている(されていた)モデル「Chromebox CXI4」からデザインが大きく変更され、形状はタテ×ヨコが同じ長さであることは変わりませんが、かなりスタイリッシュになっています。

また、ポート類が充実している点も変わらず、フロントとリアでUSB-Cが2つ、Aが4つ、HDMIも2つでEthernetが搭載されています。

CPUにはインテル第12世代プロセッサが採用され、ベースモデルはCeleron 7305、最上位はCore i7-1270 vProとなっています。おそらくvProモデルはビジネス(Enterprise)向けとなるはずなので、一般向けはCore i5-1235Uが最上位モデルと考えたほうが良さそうです。

これに関してはLenovoのChromeboxもCore i5が最上位となっていたので、Acerがそれに追従したというのも不思議ではありません。

ストレージの構成は32GB〜128GB eMMCから256GB M.2 2280 PCIe (Gen4)を選択することができ、RAMは最大16GBとなっています。が、現時点ではこれが交換可能かどうかは不明です。

スポンサーリンク

Add-In-One 24

続いてドッキングできるディスプレイ「Acer Add-In-One 24」ですが、こちらについては次のような性能と機能になっています。

「Acer Chromebox CXI5 (Enterprise)」が発表。ドック付き24インチモニターも登場
  • 24インチ IPS アンチグレア
  • 1,920×1,080
  • タッチスクリーン(オプション)
  • 5MP(115度) Webカメラ(プライバシーシャッター付き)
  • デュアルマイク
  • デュアル 4W スピーカー
  • 角度調整

ディスプレイにWeb会議などに利用できる機能が備わっているため、ChromeboxをドッキングさせることでChromebaseやMeet hardwareとして使うことのできるオールインワンソリューションでの提供となります。

スポンサーリンク

価格と販売時期

最後にそれぞれのデバイスの価格と販売時期について。

「Acer Chromebox CXI5」は北米で第1四半期に販売され、価格は289.99ドルからとなります。ベースモデルはCeleron 7305と4GBRAM、32GB eMMCになるかと予想されますが、約300ドルでこのスペックかつポートの豊富さを考えると手頃な価格設定かと思います。

オールインワンソリューションとなる「Acer Add-In-One 24」は、北米で同じく第1四半期から販売を開始し、価格は799.99ドルからとなっています。

どちらも日本でリリースされるかはわかりませんが、少なくともChromeboxに関しては個人・法人とも過去にリリースされていますので、期待したいところですね。ちなみに公式サイトにはどちらも日本語ページが公開されています。

残念ながら今回はChromebookの発表はありませんでしたが、貴重なChromeboxの新モデルということで楽しみではあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google ニュース リンクバナー
Chromebox
HelenTech