CES 2023 で発表された Chromebook などはこちら >>

「Google Pixel 7a」は8GBRAMを搭載することが明らかに。 前モデルより性能向上に期待

Android

先日、Googleの次期ミッドレンジスマートフォン「Pixel 7a」のプロトタイプの写真がリークされたことをお伝えしており、そこではデバイスの外観とディスプレイが90Hzリフレッシュレートをサポートしていることだけがわかりました。その後、Googleはこのデバイスをロックしたことも伝えられています。

デバイスがロックされたことで通常起動させることはできませんが、fastbootメニューを立ち上げたことで一部のスペックが明らかになったことが報告されました。

スポンサーリンク

これにより「Pixel 7a」には、Samsungが提供する8GBRAM LPDDR5 RAMが搭載されること、128GBのUFSストレージが搭載されていることが明らかにされました。また「Pixel 7a」が「Lynx」というコードネームであることも確認できます。

昨年リリースされている「Pixel 6a」が、60HzリフレッシュレートのフルHD+ディスプレイ、第1世代Tensorと6GBRAM LPDDR4x RAMを搭載していました。対して「Pixel 7a」はこれまでのリークが正しければ、90HzリフレッシュレートのフルHD+ディスプレイ、Tensor G2および高速なLPDDR5 RAMを搭載し、フラッグシップに近い機能が提供されます。

手頃な価格なりの犠牲がありましたが、今年のAシリーズ Pixelスマホはかなり強力なモデルになることが期待されます。

Source: Twitter

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google ニュース リンクバナー
Android
HelenTech