CES 2023 で発表された Chromebook などはこちら >>

Wear OS のGoogleマップがLTE対応スマートウォッチ単独のナビゲーションをサポート

wear-os-google-map-navigationウェアラブル・周辺機器

以前から伝えられていたように、Wear OS向けのGoogle マップにおいて、LTE対応のスマートウォッチを使用していればスマートフォンに接続された状態でなくとも、ターンバイターン方式のナビゲーションをサポートするようになりました。

スポンサーリンク

Googleのコミュニティへの投稿によれば、このスタンドアロンのナビゲーションは”LTE対応のスマートウォッチを持っているか、スマートウォッチがWi-Fi経由でインターネットに接続されている場合”にのみ利用可能となります。スマートフォンを忘れて外出してしまった場合などで、道順などを調べることに役立つ機能として紹介しています。

ただし、この機能はWear OS 3で動作するデバイスのみを対象にしている点に注意してください。またもう一つの注意点として、ミラーリングを有効にしてスマートフォンからナビを開始していないと、スマートウォッチからナビを開始するには非常に手間がかかります。

  1. ウォッチからマップを開きます。
  2. 音声またはキーボード ツールを使用して目的地を入力します。地図をタップして現在地を表示することもできます。
  3. 交通手段を選択してください。ここから、到着予定時刻を確認できます。
  4. 徒歩、自転車、または車での旅を始めましょう。

便利になったようなそうでないような印象ですが、これは Pixel WatchやGalaxy Watch 5などの LTE対応モデルを購入している人にとっては良い追加点です。