CES 2023 で発表された Chromebook などはこちら >>

「Galaxy Z Fold 5」はカメラのアップグレードとヒンジのデザインを変更する可能性があります

Android

Samsungが次期折りたたみ式スマートフォンとしてリリースする「Galaxy Z Fold 5」に関して、ヒンジのデザインを変更する可能性があること、カメラが大幅にアップグレートされる可能性があることが報告されました。

まずディスプレイについて、報告によるとSamsungは「Motorola Razr」や他の折りたたみ式デバイスで採用されている水滴型のヒンジを「Galaxy Z Fold 5」に採用する可能性があるとしています。

スポンサーリンク

これは「Galaxy Z Fold 4」のように折りたたんだときに隙間ができるものではなく、ちゃんと重なるように折りたたむことができます。これによってスッキリとしたデザインになることと、皺のないディスプレイを実現できる可能性があります。なお、この水滴型ヒンジを採用したプロトタイプはCES 2023で披露されています。

「Galaxy Z Fold 5」はカメラのアップグレードとヒンジのデザインを変更する可能性があります

もう一つのカメラに関する情報ですが、「Galaxy Z Fold 5」は現行の「Z Fold 4」の50MPから108MPへとアップグレードすることが伝えられています。また2倍光学ズームを備えた64MP望遠レンズ、12MP超広角レンズも搭載される可能性があるようです。カメラについてはあくまでウワサ程度の話となりますが、カメラの性能に注力しているSamsungですのであり得ない話ではないと思います。

最後に、「Galaxy Z Fold 5」はSペンが本体に収納できる可能性が浮上しているようです。CES 2023で披露された水滴型ヒンジを採用した場合、デバイスの薄さに合わせてペンのサイズも変更する必要があるためとしています。

使っていればさほど気にならないディスプレイの皺ですが、厚みが減ることが大きなメリットだと思いますので新しいデザインに期待したいですね。

Source: Sammobile via Android Central

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Google ニュース リンクバナー
Android
HelenTech