ChromeOS との新しい統合により、Microsoft 365へのアクセスと編集が簡単になります

ChromeOS

ChromebookなどのChromeOSでも、Microsoft Office ファイルへのアクセスや作成、編集、共同作業はWebアプリを介して行うことができますが、完全な互換性があるわけではありません。アプリはPWA(プログレッシブウェブアプリ)としてChromebookにインストールすることができますが、Microsoft 365のオフィスファイルをOneDriveに保存している場合、アクセスするためには毎回Webアプリを使う必要があります。

今回、Googleは今年後半にMicrosoft 365との新しい統合がChromeOSに登場することを発表し、これによってMicrosoft OfficeとChromeOSがスムーズに動作するようになると伝えています。

スポンサーリンク

この統合の詳細や挙動については明らかにされていませんが、現時点ではMicrosoft 365 アプリのPWA(プログレッシブウェブアプリ)の新しいセットアップフローが含まれていることを伝えています。

ChromeOS との新しい統合により、Microsoft 365へのアクセスと編集が簡単になります

説明によれば、ユーザーがMicrosoft 365のWebアプリをインストールすると、ChromebookのファイルアプリにMicrosoft OneDriveを接続するためのガイドが提供されます。OfficeファイルをMicrosoft 365アプリで開くと、OneDriveに自動的に移動されるといった機能も提供されるようです。

上記の画像はイメージ画像のため、最終的なデザインとフローと異なる場合があることが注釈されていますが、ChromebookのファイルアプリからOneDrive内のファイル操作がネイティブに可能になるため、Officeファイルを使うことがあるユーザーにとっては便利な統合かと思います。

スポンサーリンク

過去にもOneDriveと連携させる似た機能が提供されていましたが、Microsoft 365 アプリとの連携が追加された分、よりスムーズなファイル操作が可能になることが期待できます。

今後数ヶ月以内には詳細な内容とリリースが発表される予定となっています。またDevやBetaチャンネルに参加しているユーザーは、実装を早めにテストすることができるとも伝えています。

via: Chrome Unboxed