Advertisement

OnePlusが初のタブレット「OnePlus Pad」を正式発表。予約開始は4月から

oneplus-pad-official-image

※当サイトは  Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています.

Advertisement

これまでいくつもリークがありましたが、ついにOnePlusは同ブランド初のAndroidタブレット「OnePlus Pad」を正式に発表しました。「OnePlus Pad」にはMediaTek Dimensityチップセットを搭載したミッドレンジの性能で、オプションでスタイラスペンとタッチパッド付きのキーボードなどのアクセサリも用意されています。

Advertisement

「OnePlus Pad」のスペックについて、明らかにされている内容は次のとおりです。

OSOxygenOS 13
based Android 13
ディスプレイ11.61インチ LCD
2800×2000
144Hz
CPUDimensity 9000
RAM最大12GB
内部ストレージ最大256GB UFS3.1
外部ストレージ
リアカメラ13MP
フロントカメラ8MP
バッテリー9510mAh
67W急速充電
60分で90%まで充電
ネットワークWi-Fi 6
Bluetooth 5.3
その他顔認証
スタイラスペン対応(別売)
磁気キーボード対応(別売)
サイズ258.03×189.41
×6.54mm
重さ555g

「OnePlus Pad」は、11.6インチ(2800×2000)でアスペクト比7:5という珍しい比率を採用し、144Hzリフレッシュレートに対応しています。3:2のディスプレイよりもわずかに表示領域は広くなりますが、iPadなどで使用されている4:3ほどではありません。

チップセットにはMediaTek Dimensity 9000を採用し、最大12GBRAMと最大256GBストレージが選択できるミッドレンジのデバイスです。バッテリーは9,510mAhで最大67Wの急速充電に対応し60分で90%まで充電可能、バッテリー駆動時間は最大14.5時間の動画再生が可能としています。

Advertisement

また、別売りオプションとして「OnePlus Stylo スタイラスペン」と「マグネット式キーボード」を用意しており、性能面などから生産性の向上やゲーム用としてもバランスの良い1台となることが期待されます。

ただし、「OnePlus Pad」の予約開始は4月に開始されることは発表されていますが、価格については発表されていません。これはオプション品も同様で、価格は後日発表される予定です。