Advertisement

GoogleがChromeブラウザに高度なグラフィックス機能を提供します

chrome-browser-chromebooks-image

※当サイトは  Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています.

Advertisement

Googleは「WebGPU」と呼ばれる新しいWebグラフィックスAPIを提供し、Chromeブラウザがグラフィックスカードを使用してゲーム、グラフィックス、AIを高速化できるようにする新機能をChrome 113でリリースすることを公式ブログで発表しました。

この新機能はChrome 113でデフォルトで有効になり、Windows、MacOS、ChromeOSで利用可能となります。

Advertisement

WebGPUを利用することで、Webアプリからグラフィックスカードへのアクセスが最低聞かされ、開発者は少ないコードでグラフィックスを実現できると同時に、機械学習モデルの推論が約3倍以上向上するといったメリットがあります。

ユーザー側のメリットとしては、よりグラフィックス性能を必要とするようなChromeブラウザベースのゲームや3Dアプリなどが登場する可能性があります。どちらかと言えばChromebookにメリットのある話に聞こえますので、さらなる発展を期待したいですね。

今回のアナウンスは開発者向けとなりますので、詳細については公式ブログ等をご確認ください。