「Acer Chromebook Spin 513」の新モデルが国内発表。Snapdragon 7c Gen 2にアップグレード

当サイトは Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています.

Advertisement

日本エイサーは国内法人市場に向けて13.3インチのコンバーチブルタイプ「Acer Chromebook Spin 513」の新モデルを発表しました。法人市場では4月下旬より発売、個人ユーザーでも購入可能なAcer公式オンラインストアでは2023年5月10日より販売されます。公式ストアの予定販売価格は84,800円。

このモデルの型番は「CP513-1H-N18P」となり、CPUが現行モデルの「CP513-1H-N14P」と「CP513-1HL-N18Q」に搭載されているSnapdragon 7c から 7c Gen 2 へとアップグレードされています。。また、LTE非対応モデルながら8GB RAMを搭載しているため、こちらも地味にアップグレードされたマイナーチェンジモデルとなります。

「Acer Chromebook Spin 513 (CP513-1H-N18P)」のスペックは次のとおりです。

Advertisement

目次

スペック

型番CP513-1H-N18P
ディスプレイ13.3インチ IPS
1,920 × 1,080
グレア
タッチスクリーン
CPUSnapdragon 7c Gen 2
RAM8GB LPDDR4X
内部ストレージ64GB eMMC
ネットワークWi-Fi ac
Bluetooth 5.0
ポートUSB-C ×2
USB-A ×1
ヘッドフォンジャック
Webカメラ720p
ネットワークWi-Fi 5 ac
Bluetooth 5.0
バッテリー最大14時間
サイズ310×209.35×15.5mm
重さ1.14kg
その他日本語配列
キーボードバックライト
自動更新ポリシー2029年6月

基本的には、現行のWi-FiモデルからCPUとRAMが変更されただけで、サイズやポート、Webカメラなどの基本仕様に変更はありません。CPUがアップグレードされた影響か、バッテリー駆動時間がわずかに短くなり最長13.5時間(現行は14時間)となっていますが、モバイルノートPCとして見れば十分でしょう。

Chromebookでは、Snapdragon 7c Gen 2と8GB RAMを搭載していればミッドレンジモデルと言え、20個を超えるようなタブを開いたりLinuxを動かしたりと負荷をかけ過ぎなければ十分通用するレベルです。13.3インチに重さ1.14kgと、持ち運びをメインにしつつそれなりに作業をしたいユーザーには良い選択肢になると思いますので、個人・法人ともオススメできる1台です。

  • URLをコピーしました!

著者

静岡県藤枝市在住のChromebookブロガー。30台以上の実機を試し、業務でChromebookやGoogle Workspaceの導入・活用支援も行う。イベント・セミナー等の登壇経験あり。Chromebook歴は約7年、Google Workspace歴は約8年。Professional ChromeOS Administrator & 日本10Xデザイン協会認定10X仕事デザイナー。詳細はこちら。

目次