スポンサーリンク

Gmail で機密性の高い操作を行うと、本人確認のためのメッセージが表示されるようになりました

※当サイトは  Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています.

スポンサーリンク

Google は Gmail で転送アドレスの追加やフィルターの編集などの操作を行う際に、本人確認のためのメッセージが表示される可能性があることを発表しました。

これはアカウントにアクセスできる悪意のあるユーザーが、知らないうちにメールをフィルタリングしたり別のアドレスに転送しようとしたりすることを防ぐために役立つ機能です。

この本人確認のためのメッセージは、メールのフィルター、転送、IMAPアクセスといった機密性の高い設定の変更を加えたときに、このセッションが危険であると判断された場合は「本人であることを確認してください」と表示されるようになります。

スポンサーリンク

ここでは2段階認証などの要素を使用して、正しいユーザーがアクセスして変更を加えたことを確認することができます。もし確認ができなかった場合、信頼できるデバイスに「重大なセキュリティ警告」の通知が送信されます。

Gmail で機密性の高い操作を行うと、本人確認のためのメッセージが表示されるようになりました

このメッセージは、すべてのGoogle Workspace ユーザーと個人のGoogleアカウントユーザーに表示されるようになります。即時リリースドメインは2023年8月23日から最大15日にかけて段階的に展開され、計画的リリースドメインの場合は2923年9月6日から3日かけて完全に展開される予定です。

Source Google