Xiaomi 14 Pro のデザインがリーク。フラットディスプレイやカメラモジュールなど

当サイトは Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています.

Advertisement

Xiaomi が来月発表すると予想されているフラッグシップスマートフォン「Xiaomi 14」シリーズのうち、最上位となる「Xiaomi 14 Pro」のレンダリング画像がリークされ、デザインが明らかとなりました。

すでに7月には回路図がリークされており、ある程度のデザインが予想できる状態ではありましたが、新たなレンダリング画像のリークによって、ディスプレイやバックパネルのデザインを確認することができます。

Advertisement

このリークはOnLeakと91mobilesが共有したもので、「Xiaomi 14 Pro」はエッジがカーブした曲面ディスプレイではなくフラットディスプレイを搭載している可能性を示しました。また、現行Xiaomi 13 Proよりも厚みのあるカメラモジュールを採用する可能性があります。

レンダリングに基づくと、本体のサイズは161.6 x 75.3 x 8.7 mmで、カメラモジュール部分は最大13.1 mmの厚みになると言われています。ディスプレイは6.6インチサイズ、いくつかのセンサーとともに最大4台のリアカメラを搭載する可能性があります。

レンダリングから確認できる情報は以上となりますが、過去のリークでは「Xiaomi 14 Pro」には Snapdragon 8 Gen 3 が搭載され、120W高速充電と50Wワイヤレス充電をサポートする4,860mAhバッテリーが搭載される可能性があります。なお、リアカメラのメインカメラは50MPになるとも言われています。この他にはディスプレイ内蔵式指紋センサ、ハイレゾオーディオ、ドルビーアトモス、IP等級の防水・防塵を備えるとも伝えられています。

Source 91mobiles

  • URLをコピーしました!

著者

静岡県藤枝市在住のChromebookブロガー。30台以上の実機を試し、業務でChromebookやGoogle Workspaceの導入・活用支援も行う。イベント・セミナー等の登壇経験あり。Chromebook歴は約7年、Google Workspace歴は約8年。Professional ChromeOS Administrator & 日本10Xデザイン協会認定10X仕事デザイナー。詳細はこちら。

目次