Google が Fitbit デバイスを一部の市場から撤退させています

当サイトは Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています.

Advertisement

2021年に Google は Fitbit を買収しており、本来であればより多くのユーザーに届いていくべきですが、Googleは十数の市場において Fitbit デバイスを撤退させていることが確認されました。

Google は先月もアジアとヨーロッパの一部の市場において Fitbit デバイスを撤退させることを認めていますが、さらにラテンアメリカや中東、南アフリカなどからも撤退することが明らかになっています。

Advertisement

なお、Google がこの撤退に関して、Pixelデバイスが利用可能な地域に近づけるためであるとしています。とは言え、南アフリカではPixelスマートフォンはリリースされたことがなく、ヨーロッパですでに撤退している国のほとんどは Google ストアが存在していません。そのため、Fitbitデバイスが撤退してもいずれGoogleが進出すれば再び登場する可能性はあります。

いずれにしてもFitbitが撤退する一部の市場では、それ以外の代替デバイスを探す必要が出てきます。ちなみに少なくとも日本市場に関しては安心できますが、撤退よりも前にリリースされていないデバイスもいくつかある(以前のPixelbookやNest WiFi Proのような)ので、そういうデバイスの発売に期待したいですね。

via Android Authority

  • URLをコピーしました!

著者

静岡県藤枝市在住のChromebookブロガー。30台以上の実機を試し、業務でChromebookやGoogle Workspaceの導入・活用支援も行う。イベント・セミナー等の登壇経験あり。Chromebook歴は約7年、Google Workspace歴は約8年。Professional ChromeOS Administrator & 日本10Xデザイン協会認定10X仕事デザイナー。詳細はこちら。

目次