Google スライドにプレゼンテーションの録画機能が導入

当サイトは Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています.

Advertisement

Google スライドにサードパーティのアプリや拡張機能を使わずプレゼンテーションを録画し、終了後にドライブ共有を使用してプレゼンテーションをリンクで共有する機能が導入されました。

録画機能が直接組み込まれたことにより、スライドから離れることなくプレゼンテーションを簡単に録画できるようになります。プレゼンテーションの録画は、ツールバーの右側にある[録画]ボタンをクリックすることで専用の録画インターフェースに移動します。ここではスライドを見ながら録画することができ、マイクとカメラを選択することでスライドと同時に音声とWebカメラの映像を録画することができます。

Google スライドにプレゼンテーションの録画機能が導入

録画は一時停止して再録画したり、ドライブに保存することができます。ただし、録画し直す場合には最初からやり直しになるようです。

この機能はデスクトップの Chrome ブラウザが必要なため、モバイルアプリでは利用できません。また最長録画時間は30分となっているため、それ以上の場合は分けるか別のアプリ等を使う必要があります。とは言え、トレーニングやウェビナーなどの説明動画であれば十分だと思いますので、組み込み機能だけで済むようになって便利になります。

利用可能な Google Workspaceアカウントは、 Business Standard、Business Plus、Enterprise Starter、Enterprise Essentials、Enterprise Essentials Plus、Enterprise Standard、Enterprise Plus、Education Plus です。

展開のペースは即時リリースドメインの場合、2023年11月28日から最大15日かけて段階的に展開、計画的リリースドメインの場合は2024年1月2日から最大15日かけて段階的に展開されます。

Source Google

  • URLをコピーしました!

著者

静岡県藤枝市在住のChromebookブロガー。30台以上の実機を試し、業務でChromebookやGoogle Workspaceの導入・活用支援も行う。イベント・セミナー等の登壇経験あり。Chromebook歴は約7年、Google Workspace歴は約8年。Professional ChromeOS Administrator & 日本10Xデザイン協会認定10X仕事デザイナー。詳細はこちら。

目次