5G対応の「Lenovo 14e Chromebook Gen 3」がソフトバンクから発表。12月中旬以降に発売

当サイトは Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています.

Advertisement

ソフトバンクが同社の新商品として ChromeOS を搭載し5Gネットワークに対応した「Lenovo 14e Chromebook Gen 3」を2023年12月中旬以降に発売することを発表しました。なお、5Gに対応したChromebookをキャリア(MNO)で取り扱うのはソフトバンクが初となります。

ソフトバンクから発売される「Lenovo 14e Chromebook Gen 3」は、14インチ(1,920×1,080)ディスプレイ、Intel N100 プロセッサ、4GBRAM、64GBストレージを搭載するミッドレンジに近い性能のモデルです。ポートはUSB-Cが1つ、USB-Aが2つ、HDMIポートを1つ搭載し、Wi-Fi 6 / Bluetooth 5.2をサポート、バッテリー駆動時間は最長12.7時間、MIL-STD-810Hに準拠した堅牢性(耐衝撃性)を備えています。キーボードは日本語配列です。

本体サイズは324×216×19.3mm、重さは約1.45kgとなっていて、ミルスペックに対応するレノボのChromebookとしては軽めのため、5G対応で持ち運びを重視するユーザーには良い選択肢になりそうです。

なお、スペックシートを見た限りではnanoSIMのみの表記となっており、eSIM対応ではない可能性があります。これについては購入時に確認しておくほうが安全です。

ちなみに、スペック的には今年2月に海外で発表されている「Lenovo 14e Chromebook Gen 2」のベースモデルから性能を抑え、5Gに対応させたという印象です。Inten N100はChromebookだと十分快適に動いてくれるので、価格次第ですが魅力的なモデルですね。

以下に「Lenovo 14e Chromebook Gen 3」のスペックをまとめておきます。

Advertisement

目次

スペック

ディスプレイ14インチ
1,920×1,080
CPUIntel N100
RAM4GB
内部ストレージ64GB
外部ストレージ
ポートUSB-C ×1
USB-A ×2
HDMI ×1
WebカメラHD (720p)
ネットワーク5G
Wi-Fi 6
Bluetooth 5.2
バッテリー最長12.7時間
その他MIL-STD 810H
サイズ324×216×19.3mm
重さ1.45kg
  • URLをコピーしました!

著者

静岡県藤枝市在住のChromebookブロガー。30台以上の実機を試し、業務でChromebookやGoogle Workspaceの導入・活用支援も行う。イベント・セミナー等の登壇経験あり。Chromebook歴は約7年、Google Workspace歴は約8年。Professional ChromeOS Administrator & 日本10Xデザイン協会認定10X仕事デザイナー。詳細はこちら。

目次