Xiaomiが「Redmi 12 5G」の8GBRAMモデルを12月8日から発売。価格は34,800円

当サイトは Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています.

Advertisement

今年10月、Xiaomiは日本国内向けにエントリークラススマートフォン「Redmi 12 5G」を発売しましたが、12月8日からは同モデルの8GBRAM、256GBストレージを搭載した上位モデルを34,800円で販売開始することを発表しました。

RAMとストレージ容量以外の違いはなく、90Hzリフレッシュレートに対応した6.79インチ(2,460×1,080)ディスプレイ、5G対応 Snapdragon 4 Gen 2、50MP+2MPのリアカメラ、18W急速充電対応5,000mAhバッテリー、側面指紋センサとAI顔認証、IP53防水・防塵、NFC/Felica(おサイフケータイ)をサポートしています。

8GBRAM/256GBストレージの「Redmi 12 5G」はSIMフリーモデルとして公式ストアやAmazon、楽天市場、家電量販店などで販売されるほか、イオンモバイルやIIJmio、オプテージなどMVNOでも取り扱われます。

ベースモデルよりももう少し性能にゆとりが欲しいと感じていたユーザー向けになりますが、価格が3万円を超えているのが悩ましいポイントかもしれません。しかし、5G対応で3万円代前半(場合によってはもう少し安価に)で入手できるのは魅力です。

Advertisement

目次

スペック

OSMIUI 14
based Android 13
ディスプレイ6.79インチ
2,460×1,080
90Hz
低ブルーライト
CPUSnapdragon 4 Gen 2
RAM8GB
内部ストレージ256GB
外部ストレージmicroSD(最大1TB)
リアカメラ50MPメイン
2MP深度
フロントカメラ5MP
ポートUSB-C
3.5mm イヤホンジャック
ネットワーク5G
Wi-Fi 5
Bluetooth 5.0
NFC/Felica(おサイフケータイ)
バッテリー5,000mAh
18W急速充電
その他IP53 防水・防塵
側面指紋センサ
顔認証ロック解除
サイズ168.6×76.28×8.17mm
重さ199g
  • URLをコピーしました!

著者

静岡県藤枝市在住のChromebookブロガー。30台以上の実機を試し、業務でChromebookやGoogle Workspaceの導入・活用支援も行う。イベント・セミナー等の登壇経験あり。Chromebook歴は約7年、Google Workspace歴は約8年。Professional ChromeOS Administrator & 日本10Xデザイン協会認定10X仕事デザイナー。詳細はこちら。

目次