Android タブレットの Gmail が左寄せのナビゲーションレールを導入

当サイトは Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています.

Advertisement

折りたたみ式 Android スマートフォンでは Gmail アプリに左寄せのナビゲーションレールがすでに導入されていましたが、最近のアップデートによって Android タブレットの Gmail でも導入されはじめたことが報告されました。

例えば Pixel Tablet では、これまで Gmail アプリを開くと[メール]、[チャット]、[スペース]、[Meet]の最大4つのタブが画面の下部に表示されていましたが、新しいデザインでは Pixel Fold などの折りたたみ式スマートフォンと同様に左端に縦並びで表示されるようになります。

縦並びになったことで、上から順に[メニュー]、[新規作成]、[メール]、[チャット]、[スペース]、[Meet]のタブが表示されるようになります。下部表示のときとは異なり、画面をスクロールしても非表示になることはありません。

この他には特に変更点はありませんが、Gmailでもようやく他のGoogleアプリと同じようにナビゲーションレールを採用し、違和感なく操作できるようになります。

Android タブレット向け Gmail アプリのナビゲーションレールは先日公開されたバージョン 2023.11.12.xで展開されていますが、サーバー側の影響もありアプリがアップデートされていても反映されていない可能性があります。そのため、アップデート後でも以前と変わらず下部にメニューが表示されている場合には、しばらく待ってみましょう(筆者もまだ反映されていませんでした)。

via 9to5Google

  • URLをコピーしました!

著者

静岡県藤枝市在住のChromebookブロガー。30台以上の実機を試し、業務でChromebookやGoogle Workspaceの導入・活用支援も行う。イベント・セミナー等の登壇経験あり。Chromebook歴は約7年、Google Workspace歴は約8年。Professional ChromeOS Administrator & 日本10Xデザイン協会認定10X仕事デザイナー。詳細はこちら。

目次