Lenovo が Chromebox Micro を発表。コンパクトなChromeOSデバイス

当サイトは Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています.

Advertisement

Lenovoはデジタルサイネージやキオスク端末用として、Chromeboxでもより小型化した「Lenovo Chromebox Micro」を発表しました。

「Chromebox Micro」は、サイズがわずか163×79×19.7mm、重さは450gとなっていて、ディスプレイやモニターの背面に取り付けて使用することが想定されています。ポートはUSB-C、USB-A、HDMI、イーサネット、オーディオジャック、ケンジントンロックのポートが用意されており、このデバイスはハイスペックなデバイスではなく手頃な価格でエントリークラスの性能です。Lenovoの想定販売価格は219ドルとしています。

CPUCeleron N4500
RAM8GB
内部ストレージ32GB eMMC
ポートUSB-C ×2
USB-A ×2
HDMI ×1
Ethernet ×1
ヘッドホンジャック
サイズ163×79×19.7mm
重さ450g

Advertisement

「Lenovo Chromebox Micro」は最大2つの4Kディスプレイに出力できるとしていますが、オプションとして「Chromebox Micro」を取り付けるための15.6インチと21.5インチのディスプレイも提供します。

また、ファンレスで防塵仕様になっており、負荷の高い環境で24時間365日稼働させるデジタルディスプレイでも安心して展開できるようになっています。

基本的にエンタープライズ向けで、さらに用途をキオスクとデジタルサイネージ向けと絞っているため、コンシューマーで購入できるようになる可能性は非常に低いです。しかし、よりコンパクトなChromeboxというのはユニークで面白いデバイスだと思います。

Source Lenovo

  • URLをコピーしました!

著者

静岡県藤枝市在住のChromebookブロガー。30台以上の実機を試し、業務でChromebookやGoogle Workspaceの導入・活用支援も行う。イベント・セミナー等の登壇経験あり。Chromebook歴は約7年、Google Workspace歴は約8年。Professional ChromeOS Administrator & 日本10Xデザイン協会認定10X仕事デザイナー。詳細はこちら。

目次