モトローラ Moto G Play (2024) のスペックとレンダリング画像がリーク

当サイトは Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています.

Advertisement

モトローラから昨年12月に前世代「Mototola Moto G Play (2023)」がリリースされていますが、その後継機種となる「Moto G Play (2024)」のスペックとレンダリング画像がリークされました。

このリークは OneLeaks と SMARTmania が協力して公開したもので、恒例のデバイス外観といくつかの主要スペックが明らかにされており、価格についても言及されています。

Advertisement

Moto G Play (2024) は90Hzリフレッシュレートの6.5インチ フルHD+ LCDディスプレイを搭載し、上部中央にパンチホール フロントカメラがあります。上左右のベゼルはそれなりに細めですが、下部ベゼルこれまでと同様に厚めです。背面には長方形のカメラエリアがあり、1つはフラッシュとなっているためシングルカメラになると思われます。前世代 Moto G Play (2023)には3つのリアカメラが搭載されていました。

  • モトローラ Moto G Play (2024) のスペックとレンダリング画像がリーク
  • モトローラ Moto G Play (2024) のスペックとレンダリング画像がリーク
  • モトローラ Moto G Play (2024) のスペックとレンダリング画像がリーク
  • モトローラ Moto G Play (2024) のスペックとレンダリング画像がリーク

側面のフレーム部分はフラットデザインになっており、右側面には音量ボタンと指紋センサ内蔵の電源ボタン、左側にはSIMカードスロットがあります。下部にはUSB-Cポート、上部には3.5mmヘッドホンジャックがあります。このあたりは過去のモデルと変化はないようです。

また、今回リークされた Moto G Play (2024)のスペックは、4GBRAMと64GBストレージのベースモデルで Snapdragon を搭載するようですが、5G接続をサポートするかどうかは不明です。リアカメラはシングル仕様で50MPカメラを搭載、フロントカメラは8MPを搭載します。バッテリーは15Wの5,000mAhとなるようです。

Moto G Play (2024)には複数のカラーがあるようですが、今回のレンダリング画像はサファイアブルーと呼ばれるカラーとなります。価格は米国では169ドルになると言われており、2024年1月に発表される予定です。

手頃な価格のスマートフォンとして面白い選択肢になりますが、日本ではここ数年間、Moto G Play シリーズは発売されていないので今回もリリースはないように思います。

Source SMARTMANIA via GSMArena

  • URLをコピーしました!

著者

静岡県藤枝市在住のChromebookブロガー。30台以上の実機を試し、業務でChromebookやGoogle Workspaceの導入・活用支援も行う。イベント・セミナー等の登壇経験あり。Chromebook歴は約7年、Google Workspace歴は約8年。Professional ChromeOS Administrator & 日本10Xデザイン協会認定10X仕事デザイナー。詳細はこちら。

目次