Google Project IDX が Android と iOS のシミュレーターの提供を開始

当サイトは Google Adsense、Amazon アソシエイト等 アフィリエイト広告を利用して収益を得ています.

Advertisement

昨年、Google が Project IDX のリリース時に約束していた機能のひとつであるブラウザ上の Android エミュレーターと iOS シミュレーター の提供を開始したことを発表しました。

Google Project IDX はAI ツールと機能を利用できる Web ベースの統合開発環境(IDE)で、現在は早期アクセス版としてリリースされていますが、登録すれば誰でも利用することができます。これを使うメリットは Google Cloud 上で実行されているためウェブブラウザが使えればほとんどのデバイスで開発ができること、AIサポートやコード補完機能などが組み込まれているため開発がスムーズにできるという点にあります。

Advertisement

今回のアップデートによって、最初の発表で将来的に実装されると伝えられていた Android エミュレーターと iOS シミュレーターのサポートが導入されました。これにより、例えば iOS であれば開発者が Mac を持っていなくても iOS アプリの開発ができるようになります。さらにプレビュー機能では iOS の Safari、Android の Chrome、デスクトップの Chrome によるクロスブラウザテストを行えるようになります。

Google Project IDX が Android と iOS のシミュレーターの提供を開始

Google はこの他にもいくつかのアップデートを行っており、Project IDX で利用できる言語とフレームワークのテンプレートを追加したことも発表しています。追加された言語は Astro、Go、Python/Flask、Qwik、Lit、Preact、Solid.js、Node となっています。また、ワークスペースの環境構成を Nix を利用してカスタマイズできるようになりました。

これ以外にもファイアウォールの自動設定やコマンドラインツール、スクリプト、ユーティリティをワークスペース内で直接実行できるように、Dockerの操作プロセスの簡素化、15カ国でAI機能の提供を開始(日本も含まれる)しています。

今回の Project IDX のアップデートに関する詳細はこちらをご覧ください。

  • URLをコピーしました!

著者

静岡県藤枝市在住のChromebookブロガー。30台以上の実機を試し、業務でChromebookやGoogle Workspaceの導入・活用支援も行う。イベント・セミナー等の登壇経験あり。Chromebook歴は約7年、Google Workspace歴は約8年。Professional ChromeOS Administrator & 日本10Xデザイン協会認定10X仕事デザイナー。詳細はこちら。

目次