YouTube始めました!チャンネルはココから
スポンサーリンク

Nokia 215 2020 (TA-1278)がTENAAに登場。低価格の4Gフィーチャーフォンになるか

nokia-215-2020-4g-renderAndroid

日本ユーザーにとっては、日本語入力が出来ない点からオススメできるわけではないノキアの4Gフィーチャーフォンですが、このタイミングで新しく「Nokia 215 2020(TA-1278)」がTENAAに登場し、最も安価な4Gフィーチャーフォンとなる可能性があります。

スポンサーリンク

今回TENAAに登場したモデルには、低価格を維持するためかリアカメラがないことが特徴で、至ってシンプルなデザインとなっています。

nokia 215 2020 4g tenaa 800x533-Nokia 215 2020 (TA-1278)がTENAAに登場。低価格の4Gフィーチャーフォンになるか

価格についての情報はまだありませんが、少なくとも「Nokia 2720 4G」や「Nokia 800」などこれまでノキアが販売してきた4Gフィーチャーフォンと比べると機能的には控えめなので、最も安価な4Gフィーチャーフォンになることが予想されます。

スマートフォンではないためスペックはさほど重要ではありませんが、過去に登場した噂から以下にスペックをまとめておきます。

Nokia 215 2020 のスペック

ディスプレイ2.4インチ TFT
240×320
CPU1GHz / 1core
RAM64MB
内部ストレージ128MB
外部ストレージmicroSD
(最大32GB)
ポートUSB
ネットワークBluetooth
Wi-Fi
対応バンドGSM:900, 1800, 850
WCDMA:1,5,8
LTE:1,3,5,8,38,39,40,41
サイズ124.74×51.02×13.71mm
重さ91g

これまでと大きく変わらない、一般的な海外仕様のフィーチャーフォンとなっています。

一応、対応バンドを見るとソフトバンク系の回線なら問題なく利用できそうなので、今回もどこかから輸入して国内で使うということもできなくはなさそうです。

ただしOSについて言及されていませんので、それ次第というところでしょうか。RAM的にはKaiOSではないと思うので、日本語対応はなさそう…。

いずれにしても近いうちに発表があると予想できますので、詳細が明らかになればまとめたいと思います。

Source: 1

Android
スポンサーリンク
HelenTech