スポンサーリンク

Nokiaが「X」シリーズ、「G」シリーズ、「Cシリーズ」から手頃な価格のスマートフォンを6機種発表しました。

nokia-release-x-g-c-seriesAndroid

HMD Globalは、Android 11で動作する手頃な価格帯のノキアブランドのスマートフォンを6機種発表しています。

新しく発表された6機種は、これまでの命名規則から外れて「X」シリーズ、「G」シリーズ、「C」シリーズとなっています。

この発表では、「Nokia X10」と「Nokia X20」「Nokia G10」と「Nokia G20」「Nokia C10」と「Nokia C20」が登場しました。

スポンサーリンク

スペック

各シリーズごとに並べてスペックを紹介していきます。

Nokia X10 / X20

 Nokia X10Nokia X20
OSAndroid 11
Android One
ディスプレイ6.67インチ
2,400×1,080
450nits
CPUSnapdragon 480
RAM4GB / 6GB6GB / 8GB
内部ストレージ64GB / 128GB128GB
外部ストレージmicroSD(最大512GB)
リアカメラ48MP(ZEISS)
5MP(広角)
2MP(マクロ)
2MP(深度)
64MP(ZEISS)
5MP(広角)
2MP(マクロ)
2MP(深度)
フロントカメラ8MP32MP
ポートUSB-C
3.5mmヘッドホンジャック
ネットワーク5G sub-6GHz
Wi-Fi ac
Bluetooth 5.0
バッテリー4,470mAh
18W充電
その他NFC
FM radio
アシスタントボタン
Android 14までアップデート保証
サイズ168.94×79.7×9.1mm
重さ201g220g
価格310ユーロ〜
(約41,000円)
349ユーロ
(約46,000円)

「Nokia X10」と「Nokia X20」は、ディスプレイサイズは6.67インチのフルHD+で、画面上部の中央にパンチホールが採用されています。

CPUも5GをサポートするSnapdragon 480は共通していますが、RAMとストレージ構成も4GBRAMと64GBストレージか、最大8GBRAMと128GBストレージかの違いがあるものの、基本的には同じような性能と言えます。

違いといえば、採用するリアカメラの画素数が「Nokia X10」は48MP、「Nokia X20」が64MPであることですが、どちらもCarl Zeissのレンズが採用されている点は同じです。

またフロントカメラが「Nokia X10」は8MPに対して「Nokia X20」が32MPと高画素である点は大きな違いとなります。

バッテリーも共通して4,470mAhと多めの容量で、Googleアシスタント用のボタンやNFCが搭載されています。

「X10」と「X20」はGoogleがAndorid Enterprise Recommendedに認定したデバイスで、Android 14までのアップデート保証が付いているのも特長です。

どちらも6月にヨーロッパで販売される予定となっていて、価格は「X10」が310ユーロから、「X20」が349ユーロからとなっています。

Nokia Nokia G10 / G20

 Nokia G10Nokia G20
OSAndroid 11
Android One
ディスプレイ6.5インチ
1,600×720
CPUHelio G35
RAM3GB / 4GB4GB
内部ストレージ32GB / 64GB64GB / 128GB
外部ストレージmicroSD(最大512GB)
リアカメラ13MP
2MP(マクロ)
2MP(深度)
48MP
5MP(超広角)
2MP(マクロ)
2MP(深度)
フロントカメラ8MP
ポートUSB-C
3.5mmヘッドホンジャック
ネットワークLTE
Wi-Fi ac
Bluetooth 5.0
バッテリー5,050mAh
10W充電
その他側面指紋センサ
NFC
FM radio
アシスタントボタン
IPX2
Android 13までアップデート保証
サイズ164.9×76.0×9.2mm
重さ194g197g
価格140ユーロ〜
(約19,000円)
160ユーロ
(約21,000円)

「Nokia G10」と「Nokia G20」もディスプレイとサイズ、CPUは共通していて、性能面ではエントリークラスの4GLTEスマートフォンとなります。

ディスプレイは6.5インチのIPS方式を採用したHD+で、水滴ノッチを採用しています。

CPUはMediaTekのHelio G35を採用し、「G10」が3GBRAMか4GBRAM、ストレージは32GBか64GB、「G20」は4GBRAMからストレージが64GBか128GBを選択することができます。

この他に共通している点では、フロントカメラが8MP、バッテリーが5,050mAh大容量であること、側面(電源ボタン)に指紋センサが搭載、Googleアシスタントボタンが搭載、IPX2防水機能などがあります。

大きな違いで言えばリアカメラの性能と構成で、「G10」が13MPメインカメラと2MPのマクロ、深度のトリプル仕様となりますが、「G20」は48MPメインカメラと5MPの超広角、2MPのマクロと深度というクアッド仕様になっています。

ちなみに「X」シリーズとは違い、Androidのアップデート保証がAndroid 13までになります。

「Nokia G10」は、4月後半にヨーロッパで140ユーロから、「Nokia G20」は5月に同じくヨーロッパで160ユーロから販売開始となります。

Nokia C10 / C20

 Nokia C10Nokia C20
OSAndroid 11
Go Edition
ディスプレイ6.5インチ
HD+
CPUUnisoc SC7331e
Unisoc SC9863a
RAM1GB / 2GB
内部ストレージ16GB / 32GB
外部ストレージmicroSD(最大256GB)
リアカメラ5MP
フロントカメラ5MP
ポートmicroUSB
3.5mmイヤホンジャック
ネットワーク3G-WCDMA
bluetooth 4.2
Wi-Fi b/g/n
4G-LTE
Bluetooth 4.2
Wi-Fi b/g/n
バッテリー3,000mAh
5W充電
取り外し可能
その他FMラジオ
2年間のセキュリティアップデート
サイズ169.9 x 77.9 x 8.8mm
重さ191g
価格75ユーロ〜
(約9,800円)
89ユーロ〜
(約12,000円)

「Nokia C10」と「Nokia C20」は過去のリークでも出ていたようにエントリークラスのスマートフォンとなっています。

またどちらもAndroid 11のGo Editionを採用し、CPUはUnisoc、RAMも1〜2GBRAMとかなり控えめな性能となりますが、その分価格も手頃になっています。

大きな違いとして、「C10」は3G(W-CDMA)のみサポート、「C20」は4G-LTEをサポートしている点となります。

正直、日本で使うことを考えるとあまりオススメはできないモデルですが、今後海外での使用がある場合には使い捨て感覚の1台として考えれば悪くないかもしれません。

ただ、安価とはいえmicroUSBを採用しているのはちょっと残念かなと思います。

「C10」は75ユーロから6月にワールドワイドで販売が開始し、「C20」が89ユーロで今月から販売開始となるようです。

今回の発表で、もし日本で使うとすれば性能面とCarl Zeissのカメラのことを考えて「X10」と「X20」が良さそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Android
HelenTech