スポンサーリンク

CanaryのChromebookでシェルフからカレンダーウィジェットが表示できるようになりました

chromebook-add-google-calendar-widget-canaryChrome OS

これまでに何度か新しい機能として、ChromebookとGoogleカレンダーの連携についてお伝えしてきましたが、ついにCanaryチャンネル(97.0.4669.0)にてGoogleカレンダーの月間カレンダービューをシェルフから素早く表示できるようになりました。

現在は開発初期段階であるためカレンダー(日付)の表示のみとなっていますが、いずれは日付をクリックするとその日の予定が表示されるなどの機能が実装されると思われます。

スポンサーリンク

なお、Canaryチャンネルでもこのカレンダーを表示させるためにはフラグ #calendar-view を有効にする必要があります。

この機能を有効にすると、シェルフ右側にある時計のエリアをクリックすることによって、通知と同じようにカレンダーウィジェットが表示されます。

chromebook-add-google-calendar-widget-canary

表示されたカレンダーはスクロールすることもでき、予定の表示も実装されればかなり使い勝手の良い機能になると思います。

また上の画像ではシェルフに日付を表示させていませんが、表示させている場合には時計ではなく日付をクリックすることでカレンダーを表示できるようになります。

ちなみにシェルフの日付はStableでもフラグを有効にすることで表示できます。

いつ正式なリリースになるかはわかりませんが、普段の生活でもビジネスでも役立つはずなので、機能だけでなくデザインも今後の進展に期待したいところです。

Source: Chrome Unboxed

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Chrome OS
HelenTech