YouTube始めました!チャンネルはココから
スポンサーリンク

OPPOが5Gサポートの「Reno 4」と「Reno 4 Pro」を中国で発表

OPPO-Reno-4-and-Reno-4-Pro-launched-in-ChinaAndroid

OPPOが中国市場で「OPPO Reno 4」と「OPPO Reno 4 Pro 5G」の2機種を正式に発表しました。

とくに、「OPPO Reno 4 Pro 5G」よりハイスペックなモデルとなっていますが、どちらのモデルも5Gはサポートしています。

背面のデザインはどちらも共通していますが、ディスプレイ部分にいくつかの違いが見られます。

スポンサーリンク

OPPO Reno 4 / Reno 4 Pro のスペック

 OPPO Reno 4
OPPO Reno 4 Pro
OSColor OS 7.2
Android 10
ディスプレイ6.4インチ AMOLED
2,400×1,080
90Hz Refresh rate
6.55インチ AMOLED
2,400×1,080
90Hz Refresh rate
CPUSnapdragon 765
RAM8GB8GB
12GB
内部ストレージ128GB
256GB
リアカメラ48MP
8MP(超広角)
2MP(モノ/レーザーAF)
48MP
12MP(超広角)
13MP(望遠)
フロントカメラ32MP
ポートUSB-C
バッテリー4,020mAh
65W高速充電
4,000mAh
65W高速充電
サイズ159.3×74×7.8mm
159.6×72.5×7.6mm
重さ183g172g
価格2,999元〜3,799元〜

両者に共通するのは、どちらもCPUがSnapdragon 765を搭載したミッドハイレンジのスマートフォンで、ストレージは128GBあるいは256GBの構成、フロントカメラは32MPと高画素となっている点です。

ディスプレイもフルHDと90Hzリフレッシュレートをサポートしているのは共通ですが、わずかに「Reno 4 Pro」の方が大きくなっています。

また、8GBRAMが標準である点も共通ですが、「OPPO Reno 4 Pro」は最大12GBRAMモデルも選択することができます。

スポンサーリンク

大きな違いで言えばリアカメラの構成で、「OPPO Reno 4」が48MPメインカメラと8MPの超広角、2MPのモノカメラを搭載していますが、「OPPO Reno 4」では、48MPメインと12MPの超広角、13MPの望遠カメラ(5倍ハイブリッドズーム、20倍デジタルズーム、レーザーAF)となっている点です。

スマホでの写真撮影を重視する方には、「OPPO Reno 4 Pro」が向いていると思いますが、たまに撮影する程度であれば「OPPO Reno 4」でも十分に使えると思います。

ごく僅かな違いで言えば、「OPPO Reno 4」のバッテリーが4,020mAhですが「OPPO Reno 4 Pro」は4,000mAhとなっている点でしょうか。

しかし、どちらも65W高速充電を搭載していますし、違いも微々たるものなので、あまり気にする必要ないかもしれません。

最後に価格についてですが、5Gサポートのミッドハイスマートフォンとしては割とお手頃価格で、「OPPO Reno 4」が2,999元(約46,000円)、「OPPO Reno 4 Pro」が3,799元(約59,000円)となっています。

現時点では中国市場以外のリリースについてアナウンスされていませんのでなんとも言えませんが、もしグローバルで展開するとしたら、悪くない選択肢になると思います。