エレコムの超大判デスクマット「でか過ぎるマウスパッド MP-DM01BK」を購入してみました。

でか過ぎるマウスパッド MP-DM01BK

みなさんこんにちは、へれん(@Helen_Tech)です。

今回は、ELECOMが発売している超大判のデスクマット「でか過ぎるマウスパッド (MP-DM01BK)」を購入したので、たまには機種だけじゃなくこういう小物類もレビューしておこうと思います。

なぜこのタイミングで?と思われるかもしれませんが、夏場は切実な問題があるんです。
というのも、私のPCデスクは天板が木材ではないツルツル系で、ジンワリと汗かいたりすると張り付くんですよね。ペタペタして。

あとたまにChromebook R13をディスプレイに繋いで作業するときマウスを使いたくなることも多々あるんですが、普段使っているChromeboxはマウスパッドなしでもツルツル天板で反応するAmazonマウスなのでマウスパッドをわざわざ置くのがめんどくさいんですよね。
もう一つAmazonマウス持ってるので使ってもいいんですが、まったく同じ形に色なのでどっちがどっちかわからなくなっていまいます…。
そこでこの大判マウスパッドがあれば、普通のマウスでも問題なく使えますし、前述のとおりペタペタも軽減されるだろうと考えました。

ってなわけで、エレコムの超大判デスクマット「でか過ぎるマウスパッド MP-DM01BK」を購入したのでレビューしていきます。




ひろーく使える。結構良いね。

その名前のとおり、表面はポリエステル素材なので素材感はデスクマットというよりもマウスパッドの方が近いです。
サイズは幅600mm×奥行297mmという長方形で厚みが4mmとなっています。

では実際に開けていきます。

でか過ぎるマウスパッド (MP-DM01BK)

箱正面。
○○過ぎるってフレーズ流行りましたよね。小さすぎる俺です。

中身を出してみます。

でか過ぎるマウスパッド (MP-DM01BK)

ロール状で入っています。この時点で滑り止めの効果は発揮されてますね。

でか過ぎるマウスパッド (MP-DM01BK)

こちらが表面。
触り心地はそこまで悪くありません。サラって感じです。
押し込むとムニュっとした感じですが、手首や腕がついたくらいではどうもならないので、ノートパソコンを上に置きっぱなしでも変形したりしなさそうです。
使用しているマウスですが、Amazonマウスはもちろんのこと、MacのMagicMouseやMicrosoftのデザイナーマウスでも問題なく使用できています。

でか過ぎるマウスパッド (MP-DM01BK)

こちらが裏面。
ラバー素材を使用しており、グリップを高めるために特殊加工されています。
まったく滑らないかと言われるとそうではないですが、イメージでいうと何も乗っていない状態だと滑らすことは可能です。
しかし上に物が乗って重さがかかればしっかりグリップしてくれるので実用には影響はありません。

でか過ぎるマウスパッド (MP-DM01BK)

ということで、引きっぱなしにしてChromeboxでも使うことにします。
ちょっとしたガタツキみたいなのでカタカタ言うのも抑えられるますし、使い勝手は良いと思います。


まとめ

実は大判のデスクマットとかマウスパッドは初めて使うんですが、使い心地等々は結構良いものです。
机のスペースが許せば、全体を覆うような感じのものでも良さそうですが、結構しっかり作ってあるものだとホコリもキャッチしちゃいそうなので、掃除も考えるとこれくらいの大きさがちょうど良い気がします。
ただご覧の通り、テンキーレスモデルのキーボードであれば問題ないのですが、フルキーだとちょっとキツイかも。

このあたりはお手持ちのキーボードのサイズを見つつ、デスクマットのサイズを考えていけば良いんじゃないかなー。

ELECOMの「でか過ぎるマウスパッド MP-DM01BK」は価格も安価ですし、通販はもちろんのこと家電量販店でも販売していますので、実物を見たりできるのも良いかと。
試しにマウスパッドを兼ねたデスクマットを使ってみたいという方や私のように机にペタペタなるのが嫌な人にはオススメできそうです。


スポンサーリンク