Amazonベーシックの「USB 3.1 タイプC HDMIマルチポートアダプター」を購入したのでレビュー!

review amazon usb-c adapter 00 周辺機器

Chromebookに限らず、USB Type-Cのみを採用している機種を持っている方はきっとブチ当たるのがこのアダプター探しではないでしょうか。

私のように外部ディスプレイに接続するためにHDMIポート必要だったり、プレゼンなどでプロジェクター接続に使う方、そもそもUSB-Aポートも欲しい方などはきっと探したことはあると思います。

私もこれを買うまでにいくつか試してみたんですが、ようやくちょうどいいUSB-Cアダプタにたどり着いたという感じがしています。

ということで今回は、「Amazonベーシック USB 3.1 タイプC – HDMIマルチポートアダプター」をChromebook(Pixelbook)用として購入したのでざっくりレビューをしていこうと思います。

スポンサーリンク

まずは基本性能

今回購入しているのは「タイプC to HDMI」となっているモデルです。

  • HDMI、USB-C、USB3.1が各1つずつ
  • タイプCはパススルー充電対応 最大60W(20V/3A)
  • HDMIは4k(3840×2160@30Hz)対応
  • USB-Aは最大転送5.4Gbps、最大電流出力0.9A
  • もちろんコネクタ部分はUSB-C(3.1)
  • 幅59×奥行47×厚み10mm
  • コード長約160mm(コネクタ部含む)
  • 重さ46g

こんな感じの性能です。

4Kディスプレイでゴリゴリするにはちょっとアレかもしれませんが、軽くてサイズもコンパクトですし、必要最低限のポートを備えていますので、持ち運びする必要がある方向きのアダプタかと思います。

あるいは私のようにWQHDやFHDディスプレイに出力し、できるだけ邪魔にならないものを探している方も問題はないと思います。

スポンサーリンク

開封 / 外観チェック

ということで、モノをチェックしていこうと思います。
まずは外箱から。

review amazon usb-c adapter 01

とても安心感のある箱ですね。

review amazon usb-c adapter 02

中身はとくに包装などもなく、そのままハマっている感じです。

ただ本体とコネクタ部分には、梱包時の傷や汚れを防止する薄いフィルムが貼られていますので、使用時には剥がしておくとより良い感じですね。
(写真でテカって見えるのはそのためです)

また、後ほど私が持っている他のUSB-Cマルチポートアダプターと大きさだけ比較しますが、それらに比べてかなりコンパクトで軽いというのが取り出した時点で感じたことです。

review amazon usb-c adapter 04

本体に接続する部分のUSB-Cコネクタ。
amazonbasicsのロゴも見慣れたもんですね。

ちなみに本体に挿した感じですが、やや固めかな?と思う程度で傷つきそうとかそういう感じはありませんでした。
このあたりは個体差もあると思いますのでなんとも言えないところですが、緩くもなく悪くないと思います。

review amazon usb-c adapter 03

こちらがポート部分。

左からUSB-C、HDMI、USB-Aとなっています。
なんとなく汚れて見えるのは、保護フィルムを剥がしていないためですのでご心配なく。

スポンサーリンク

他製品と大きさ比較

review amazon usb-c adapter 05

どの製品も気に入っているのでディスるようなことは言いませんが、見て頂ければAmazonベーシックのアダプタのコンパクトさがわかってもらえるかと思います。

もちろん、他のメーカーにも同じようなサイズ感はありますが、よくわからない中国製だったり、高価だったりとなかなか手を出しにくいのも正直なところです。
その点、Amazonベーシックなら良いか…と思ってしまう不思議。

※DisplayPort接続をお探しなら

ちなみにANKERもHDMIとUSB-A、C各1つのアダプタですが、左側の「Cable Matters」は珍しいDisplayportとEthernetを搭載してUSB-A(2.0)×2、USB-C×1というタイプです。

使い勝手としては悪くないですが、ちょっとDisplayPortの接続部分が甘い気がします。
HDMI以外でもお探しの方がいれば参考まで。

スポンサーリンク

接続するとこんな感じ

ではChromebookというかPixelbookに挿してみます。

review amazon usb-c adapter 06

こんな感じで同じ方向を向いているので、コードが散らからずにスッキリします。

全体的な雰囲気だとこういう感じになります。

review amazon usb-c adapter 07

後ほどこの状態で、ロジクールのUnifyingレシーバーを挿してみましたが、他と干渉することなく指すことができます。

ただ幅のあるもの…例えば私がレビュー写真の転送につかうトランセンドのカードリーダーはHDMIと干渉してしまい挿すことができませんでした。

こういうタイプのやつですね。
なのでコードがあるタイプか、HDMI接続を外すなど対応が必要だと思いますので、USBメモリとかも挿そうと思っている方は注意してください。

スポンサーリンク

まとめ

ということでざっくりとAmazonベーシックの「USB 3.1 タイプC – HDMIマルチポートアダプター」についてレビューしてみました。

どうでしょう、結構イイ感じのアダプタじゃないですか?
私の場合はいくつか試したものの、結局ここに落ち着いたっていう感じです。

何より価格も2,300円程度と手頃ですし、Amazonベーシック製品なのでアマゾンを利用している方なら入手もだいぶ楽なのが良いところじゃないでしょうか。

ただ4Kディスプレイに出力することを考えている方は、リフレッシュレートが30Hzというところだけ注意してください。

それ以外の方で、いくつかのUSB-Cマルチポートアダプターを見てるけど、なかなか決めきれない方がいらっしゃれば、こんな製品もあるよーってことを知ってもらえれば幸いです。

何よりPixelbookに似合うホワイトカラーってのが嬉しいですね(笑)