携帯ゲーム機みたいなモバイルPC「GPD WIN 2」がGeekbuyingでセール中!

gpd win 2 セール・クーポン

みなさんこんばんは、へれん(@Helen_Tech)です。

今回は特にクーポンなどがあるわけではありませんが、Geekbuyingでセール期間中ということもあって多少安く購入できるチャンスですので取り上げておきたいと思います。

当ブログではあまりこの手のPCは取り上げないのですが、今回の「GPD WIN 2」に関してはCPUにCoreM3を採用して前モデルよりも改善しているということなので興味を持ったため、あえて乗ることにしました。

ということで、Geekbuyingでセール中という紹介をしつつ「GPD Win 2」のスペックなどをまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

「GPD WIN 2」のスペック

GPD WIN 2
OSWindows 10 Home 64bit
ディスプレイ6インチ IPS
1,280 × 720
6点マルチタッチ
CPUCore m3-7Y30
1.0-2.6Ghz(2core)
RAM8GB LPDDR3-1866
内部ストレージ128GB M.2 SSD
外部ストレージmicroSD
ポート

USB-C ×1
microHDMI ×1
USB3.0 ×1
ヘッドホンジャック ×1

バッテリー6〜8時間駆動
サイズ幅162 × 奥行99 × 厚み25 mm
重さ

460g

スペックはざっくりとこんな感じになっています。

携帯ゲーム機みたいな外観のくせに、しっかりとパワフルな作りをしたWindowsノートパソコンです。

前モデルでは、単純な性能が追いついておらずなかなか酷評を受けた部分もありましたが、「GPD WIN 2」ではCPUにCoreM3を採用することでグラフィックス性能も大きく向上させています。
また冷却機構も改善されているようで、CPUの性能をフルに使えるようになったのも大きな変更点かと思います。
さらに標準で8GBRAMを搭載しているため、下手な格安Windowsノートよりも快適に動作させることが可能になっています。

ストレージも128GBと多めですが、M.2SSDを採用することによって速度向上に貢献しています。この手のPCではeMMCという規格のSSDが使われることが多いですが、これはそれよりも早くなっているというところがポイントです。

スペックシートからもご想像頂けるとおり、この小さな筐体でミドルクラスのWindowsノートパソコンほどのスペックを持っているため、動作するゲームタイトルもかなり多くなっています。

ただ3Dでマシンパワーをゴリゴリ使うようなゲームでは少々辛いところもありますので、そのあたりは他メディア等を参考に動作確認が取れている、あるいは似たようなスペックを要求されるゲームを実施できているかを確認してもらえればと思います。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、ざっくりとスペックを紹介してきましたが、結構いい感じのノートパソコンですし、見てのとおり携帯ゲーム機さながらのスティックや十字キー、ボタン配置になっているため、暇を潰すにも何か作業してみるにもちょうどいい1台となっていると思います。

実は昔、オンラインゲームをいろいろとそれなりにやっていたので、当時こんなスペックのPCがあったら毎日どこでもやっちゃって大変だったでしょうね(笑)

ちょっとした空き時間でもゲームをしたい!というゲーマーの方には良いと思います。それがSteamであってもROMであっても、オンラインであっても…。

ということで今回はGeekbuyingでセール中になっていまして、価格は699,99ドル、日本円で約80,000円で購入できるチャンスになっていますので、ぜひご検討くださいませ。

「GPD WIN 2」をGeekbuyingでみる