スポンサーリンク

14インチのポータブルモニター「DELL C1422H」をレビュー。持ち運びするなコレがベスト!

review-dell-c1422h-portable-monitor-001ウェアラブル・周辺機器

Dell史上初となる14インチのUSB-Cポータブルモニター「Dell C1422H」が発売されて以来、ずっと買おうか悩んでいたところで公式アカウントが開催していたのが”Dell 新発売モバイルモニターを体感!キャンペーン”。

ダメ元で応募したところ、なんということか「Dell コラボレーションシリーズ C1422H 14インチ ポータブルモニター (C1422H)」が当選してしまいましたので、今回は「Dell C1422H」の実機レビューをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

実機レビュー

「Dell C1422H」は、14インチのノングレアタイプでIPS方式を採用したフルHDのポータブルモニターです。

ノングレアタイプですが視野角が広いため見やすく、USB-Cケーブル一本でPCやChromebookと接続することができるため、手軽にデュアルモニタの環境を構築できることが魅力です。

何より薄くて軽くて持ち運びしやすいという点が個人的に「Dell C1422H」を気に入っているポイントです。

角度調整可能なスタンド

本体には10°~90°の開度を自由に調整できるスタンドが搭載されているので、見やすい角度に調整しやすいことも特長のひとつ。

よくあるカバースタンドのタイプだと角度が決まっているパターンがほとんどで、しっくりくる位置を見つけるのに苦労しますが「DELL C1422H」ならそういったことを気にせず調整できるのが良いところ。

また本体と一体型になっているので別々に持ち運ぶとかを考えなくて良いのも楽です。

左右どちらでもOKなUSB-Cポート

スタンド部分の左右にはパススルー充電と出力対応のUSB-Cポートがあるため、どちらから電源ケーブル、PCと接続するケーブルを挿しても使うことができます。

これも安価なポータブルモニターだと向きが固定されてしまうことがあって不便に感じるところですが、「Dell C1422H」はどちらでも使えるためとても便利です。

なお使用するUSB-Cケーブルは映像出力に対応していれば良いため、Thunderboltなどである必要がないのも便利なところです。
※USB Type-C(Alternate mode with DisplayPort 1.2, HBR, HDCP 1.4)

ちなみにディスプレイを見てスタンドの左側面にはUSB-C、輝度調整ボタン、ブルーライトカットボタンがあり、右側面には電源ボタンとUSB-Cボタンがあります。

スポンサーリンク

見やすく快適なディスプレイ

14インチというサイズ感にフルHD、ノングレアタイプ、IPS方式で広視野角とバランスの取れたディスプレイは見やすく、仕事で利用するにも快適です。

明るいところでは反射を抑えてくれますし、暗いところでも物足りなければ輝度調整することもできるので、屋内でも屋外でも使いやすいモニタだと思います。

ブルーライトカット機能もドキュメントなど文字ベースの資料を読むときや周りが薄暗い場所(カフェなど)で使うと目に優しくて割と良かったです。

15.6インチなど大きめサイズが好みという人もいると思いますが、ビジネスでよく利用されるノートパソコンのサイズが13.3~14インチクラスであると考えれば、PCと一緒に持ち運びしやすい14インチ(フルHD)のほうが何かと便利です。

ちなみにモニターのパネルですが、フレーム部分より少し凹んでいる(段差がある)ため画面を伏せておいてしまっても、突起物などに当たらなければキズはつきにくいようになっています。

なおタッチスクリーンには対応していません。

軽くて持ち運びしやすいが、圧力がかかると不安

「Dell C1422H」はポータブルモニターというだけあってとても薄く、軽く作られていて、持ち運びしやすいように専用の保護スリーブがセットになっています。

モニターのみで約600g、スリーブにモニタとケーブルを収納しても約740g(実測733g)と非常に軽量です。

なおモニターの本体サイズは322.37×202.69×14.3mm(スタンド部分含む)となっています。

どこでも持ち運びしやすいわけなんですがディスプレイ部がとにかく薄いので、例えばバッグに入れていて圧がかかってしまったり、重さのあるものが上に乗ってしまったときなどに壊れないかが心配になります。

そう簡単に壊れるものではないと思いますが、いざというときには「Dell C1422H」は良品先出しサービスと3年間のハードウェア限定保証が付帯しているため、期間内であれば交換することも可能となっています。

どこでも気軽にデュアルモニタ

14インチのサイズ感と持ち運びのしやすさで、自宅や職場だけでなくカフェやコワーキングスペースなどでも簡単にデュアルモニタ環境を構築できます。

ある程度の広さは必要になりますが、接続も左右どちらのポートで可能なうえ角度も自由に調整できるため位置取りに悩まない点も素晴らしい。

当然、「Dell C1422H」を使うためには電源が必要になり、コンセントがない場合はPCのバッテリーを食うことになるため長時間の作業をするなら電源が取れる場所を選びましょう。

ちなみに縦置きもできますがそのままの状態で立てるとやや不安定なことと快適な角度ではないため、タブレットスタンドを活用するなど工夫は必要です。

review-dell-c1422h-portable-monitor-021

それと縦の場合はケーブルの位置をどうするかが課題かもしれませんが、やろうと思えばできるのでコレはアリです。

個人的には文句ナシのポータブルモニターだと思っていますが、あえて問題点を挙げるとすれば、やはりバッグに突っ込んで持ち運ぶことに慎重になってしまうことと縦置きが手間という2点でしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、今回は14インチのポータブルモニター「DELL C1422H」の実機レビューでした。

縦置きも考えているならスタンドなど必要かもしれませんが、横置きスタイルであれば一般的なモニターほど場所も取りませんし、自宅や職場、学校など持ち運んで手軽にデュアルモニター環境を構築できて作業効率も上がるためとてもオススメです。

また良品先出し&ハードウェア保証などいざというときのサポートも充実してますので、とくにビジネスユーザーにはオススメできるポータブルモニターだと思います。

もしコンパクト&軽量で使い勝手の良いポータブルモニターを探していたり興味があるなら、「DELL C1422H」をぜひ検討してみてはいかがでしょうか。