YouTube始めました!チャンネルはココから
スポンサーリンク

Aftershokzのテレビ用 骨伝導ワイヤレスヘッドホン(AS801)をレビュー!TVでもPCでもすぐ使えて便利

4.0
reveiw aftershokz tv-Aftershokzのテレビ用 骨伝導ワイヤレスヘッドホン(AS801)をレビュー!TVでもPCでもすぐ使えて便利ウェアラブル・周辺機器

昨年末にも、Aftershokz(アフターショックス)の骨伝導ワイヤレスイヤホン「Aeropex」をレビューしていましたが、今回はその「Aeropex」をベースにして、テレビと繋げてすぐ使えるようになった「Aftershokz 骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用」のレビューをしていきます。

なお、今回のレビューは実機の提供を受けてのレビューとなります。

スポンサーリンク

Aftershokz 骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用

この「AS801」というモデルは、ヘッドホンとトランスミッターがペアリング済みの状態で出荷されているので、すでにあるテレビやモニタに接続するだけで、ペアリング作業などをせずそのまま使うことができるのが特長です。

基本仕様

公式サイトから基本仕様について。

品番AS801
スピーカータイプ骨伝導変換器
周波数特性20Hz~20KHz
感度105 ± 3dB
マイク特性-38dB ± 3dB
対応プロファイルaptX, A2DP, AVRCP, HSP, HFP
充電電圧5.25 V
スピーカーインピダンス8.5hm ± 20%
接続距離10m
周波数帯域2402MHz~2480MHz
電池リチウムポリマーバッテリー
バッテリー駆動時間最大8時間
待機時間最大10日
充電時間2時間
重量26 g
保証期間2年間
防水規格IP67
バッテリー容量145 mAh
最大RF出力0dBm
BluetoothBluetooth® v5.0
付属品マグネット式充電ケーブル
イヤープラグ
トランスミッター
オプティカルオーディオケーブル
AUX 3.5mm オーディオケーブル
AUX 3.5mm RCAオーディオケーブル

この「AS801」は、「Aeropex」ベースの軽量でオープンイヤータイプのヘッドホンとなっていて、長時間持続するバッテリーや防水規格など、基本的な部分は同じとなっているようです。

しかし、テレビ用となった今回のモデル「AS801」では、新たにaptXに対応して映像と音声のズレを最小限に抑えることが可能になった他、ペアリング済みのトランスミッターが付属しています。

「Aeropex」についてはレビューしてますが、とにかく骨伝導ワイヤレスというのが斬新で、耳を塞がないので周りの音もちゃんと聞こえるし、けどヘッドホンからしっかりと音も聞こえるので、スポーツはもちろん家庭でも周囲に気を配りつつ、自分の時間を楽しめるヘッドホンになっていると思います。

なので、今回のようにテレビ用にペアリング済みのトランスミッターとセットで使えるのは、初期設定の手間なども省けてかなり便利じゃないかなと思います。

スポンサーリンク

「AS801」の開封&外観チェック

ということで、開封しつつ外観チェックをしていこうと思います。

まずは化粧箱から。

今回のモデルは「Aeropex」ではなく、あくまでも骨伝導ワイヤレスヘッドホンのテレビ用(トランスミッター付き)となっています。

基本仕様については裏面にありますが、どちらの面にもapt-Xに対応したことが書かれています。

reveiw aftershokz tv 005-Aftershokzのテレビ用 骨伝導ワイヤレスヘッドホン(AS801)をレビュー!TVでもPCでもすぐ使えて便利

こちらは同梱品になっています。

ケーブル類とトランスミッター、取説はしっかり日本語なので安心ですね。

続いて本体について。

過去にも紹介していますが、耳に引っ掛ける感じで使うオープンイヤータイプのヘッドホンとなっています。

reveiw aftershokz tv 009-Aftershokzのテレビ用 骨伝導ワイヤレスヘッドホン(AS801)をレビュー!TVでもPCでもすぐ使えて便利

重さも実測でわずか26gと、カタログ値に違わぬかなり軽量なことがわかってもらえると思います。

本体の右側面の下部分には、ボリュームコントロール兼電源ボタンがあり、マグネット式になる充電部分があります。

これだけ軽量コンパクトで、最大8時間のバッテリー駆動時間なので普段使いには十分ですね。

スポンサーリンク

トランスミッター

そして今回の「AS801」には、トランスミッターが付属しています。

すでにヘッドホンとペアリング済みなので、側面部にあるmicroUSBポートから電源を取り、電源をオンにすれば簡単に設定ができます。

ポートには、電源用のmicroUSBと光デジタル端子、AUX(3.5mm)ジャックがあります。

さらに、同梱でケーブルも取り揃えられているため、箱を開けたら本当にすぐ使うことができるのも「A801」の良いところだと思います。

reveiw aftershokz tv 010-Aftershokzのテレビ用 骨伝導ワイヤレスヘッドホン(AS801)をレビュー!TVでもPCでもすぐ使えて便利

わかりやすくナンバリングして纏めてあるので、取説を読んでいけば困ることはないずです。

もちろん日本語で書いてくれていますので、慣れていないう方でも安心して使うことができるはず。

ちなみに今回もちゃんと専用のシリコンケースが付属していますので、持ち運ぶときにもひとまとめにしておくことができるのも、Aftershokzの良いところじゃないでしょうか。

ちなみにトランスミッター自体も32gほどとかなり軽いので、持ち運びもそこまで手間にならないはず。

「AS801」にも「Aeropex」と同じようにイヤープラグも同梱していますので、周りの音をシャットアウトしたいときに使うことでより集中できるはず。

スポンサーリンク

実際に使ってみた感想

実際に数日使って見た感じですが、とにかく最初の設定が楽なことと、トランスミッターを別の機器に指し直せば、ペアリング不要でそのままヘッドホンも使いまわすことができるのが便利です。

接続されている方式がLEDランプで表示されているの便利だと思います。

電源用のmicroUSBポートですが、実は電源としてだけでなく、PCやUSBポート搭載の外部ディスプレイに接続することで、AUXケーブルなどを使わずともBluetoothレシーバーとして機能してくれるので、本体にヘッドホンを接続しなくても使うことができます。

なので、USBポート付きのデバイスに接続すると電源も兼ねて一本のケーブルで済むので思わぬ便利さでした。

スポンサーリンク

テレビや動画などを視聴したり、Switchでどうぶつの森をやってみましたが、その範疇では遅延も感じませんでしたし、とくに気になるところもなく使い勝手は良いと思います。

もともとオープンイヤーという性質上、音質に拘る方は求めるものと違うかもしれませんが、集中したいけど周囲やコミュニケーションに気を配る必要がある場合には、「Aeropex」はじめ「AS801」はかなり良いモデルだと思います。

とくに最近ではリモートワークなどで家庭にいる方やいる機会が増えている方も多いと思いますし、完全密閉のヘッドホンを使うと集中しすぎて気づけない方や家族とのコミュニケーションを邪魔しないようにしたい方は、かなり面白い選択肢になると思います。

あとは長時間かけていても疲れにくいですし、家庭で作業している方やそのまま外出時にもつけて行きたい方にも良いかも。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、今回はテレビ用の「Aftershokz 骨伝導ワイヤレスヘッドホン AS801」のレビューをしてきました。

reveiw aftershokz tv 016-Aftershokzのテレビ用 骨伝導ワイヤレスヘッドホン(AS801)をレビュー!TVでもPCでもすぐ使えて便利

オープンイヤータイプのヘッドホンなので、周囲に気を配りながら使うことができますし、ペアリングの手間もほとんどなくて済むのでリモートワークで家にいる時間が多くなって、家族とのコミュニケーションにも気を使う必要がある方などに良いヘッドホンだと思います。

価格についてですが、公式価格23,880円(税別)となっていますので、ややお値段は張りますが、機能としては家でも外でもスポーツ時でも使えるオープンイヤーヘッドホンですので、この機会にぜひ検討してみてはいかがでしょうか。